体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポーチ博、ブローチ博も同時開催!「布博 in 東京」は今年も2週連続開催

nunohaku-natsu-tokyo_03

全60組以上が出展

2017年7月21日(金)から23日(日)まで、そして7月28日(金)から30日(日)まで、東京・町田の「町田パリオ」にて「布博 in 東京」が開催されます。

第9回目となる布博 in 東京。昨年に引き続き、2週連続でテーマを変えながらの開催となります。参加する出展者数は全会期合わせて60組以上。手芸好き、布好きにはたまらないイベントです。

第一会期は「糸とボタンに恋をする週末」をテーマに素材に特化した34店が登場。また、同時開催として新企画の「ポーチ博」には22店舗が参加するほか、人気企画の「靴下パーラー」も予定されています。

第二会期の「作り手に恋をする週末」では、国内外で活躍する布もの作家たちによる新作がずらり。刺繍や織物など、作家物ならではの美しい作品が並びます。また、こちらも人気企画「ブローチ博・耳飾りパーティー」も同時開催。既製品とは違う作家物の魅力に触れられる週末となりそうです。

自分で作り上げた手作り品、そして作り手の顔や思いが見えるハンドメイド品はいま改めてその価値が見直されています。ファッションでありながらも、まるでお守りのように大事にしたくなる。そんな魅力は手作りならでは。布もの好きな方はもちろん、夏休みの自由工作に親子で手芸、というのも素敵ではないでしょうか。ぜひご来場ください。

nunohaku-natsu-tokyo_04 nunohaku-natsu-tokyo_02 一週目はボタンや糸など素材が大集合 nunohaku-natsu-tokyo_01 第二週めはブローチ博も同時開催 nunohaku-natsu-tokyo_05 親子で来場しても楽しめます nunohaku-natsu-tokyo_06

布博 in 東京

-week1-糸とボタンに恋をする週末

会期:2017年7月21日(金)~23日(日)

会場:町田パリオ/東京都町田市森野1-15-13 3階・4階

入場料:500円

出展者:

artist in / IRIS BUTTON / AVRIL / Atelier Link / atelier PD / AND WOOL / 1105 design + H TOKYO / idola / Værelse / umu. / eccomin / 緒方伶香 / 木木 / kususu / gris, ltd. / KFS / Keito / COCOTTON / FAMILY / 素の素 / DARNING by HIKARU NOGUCHI / DARUMA THREAD / CHARKHA / 手紙舎 雑貨店 / Dua / Bahar / パピー下北沢店 / humongous / フルコチエ / 本とコーヒー tegamisha / MONDOFIL / the linen bird Haberdashery+MOORIT / 60 ろくまる(丸安毛糸㈱) / Rollo

1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。