ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

きゃりーぱみゅぱみゅの世界を体感できるアートワーク展が台湾・台北で開催! ジャケットビジュアルを中心に、本人着用衣装やウィッグを展示

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

きゃりーぱみゅぱみゅの世界を体感できるアートワーク展が台湾・台北で開催! ジャケットビジュアルを中心に、本人着用衣装やウィッグを展示
台湾・台北にオープンした「華山 Laugh & Peace Factory」で、ジャパン・カルチャーのアイコンとして人気を博したきゃりーぱみゅぱみゅの世界を体感できるアートワーク展「KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016 IN TAIPEI」を開催。8月12日(土)〜10月1日(日)の51日間で、本展の海外での開催は今回が初めてとなる。

本展では18枚のCDジャケットビジュアルを中心に、撮影で実際に本人が着用した衣装やウィッグ、CDアルバムに付属のフォトブックの未公開作品などとともに、世界中で話題となったきゃりーぱみゅぱみゅのアートワークを一挙公開。2011年のデビュー作から2016年までの5年間、一緒に製作してきたアートディレクターのSTEVE NAKAMURA氏と、きゃりーぱみゅぱみゅの世界を多角的に体感できるアートワーク展となっている。

STEVE NAKAMURA氏はラフォーレ原宿の年間広告メインビジュアルのアートディレクターやNIKEのキャンペーンビジュアルなどを手掛け、時代を象徴するアイコニックなビジュアル表現を生みだしてきた、日本で大注目のアートディレクター。本展は昨年12月に原宿で開催され、9日間で10,000人が来場。きゃりーぱみゅぱみゅのファンはもちろんのこと、クリエイターやデザイナー、アート関係者の間でも大きな話題となった。

また、このアートワーク展の開催を記念して、特製ブックカバー付きスペシャルパッケージの「KYARY PAMYU PAMYU ARTWORKS 2011-2016 STEVE NAKAMURA」(idea アイデア special edition)が200部限定で販売。この本にはきゃりーぱみゅぱみゅのアートワークにまつわる約300点のビジュアルやアートディレクションを手がけているSTEVE NAKAMURA氏によるアートワーク解説テキストなども収録。

今回はさらに台湾での開催に向け、台湾ならではの特別展示も企画。きゃりーぱみゅぱみゅは、「昨年開催させていただいたアートワーク展を、台湾の方にも見て頂ける事になってすごく嬉しいです! 貴重なアートワークが体感出来るので、台湾のファンのみなさん是非足を運んでみて下さい!」とコメントしている。ワールドワイドに活躍するきゃりーぱみゅぱみゅからますます目が離せない!

■KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016 IN TAIPEI
会場:華山 Laugh&Peace Factory(台北市中正區八德路一段1號 / 1914華山クリエイティブパーク 東3 イベントスペース内)
期間:2017年8月12日(土)〜10月1日(日)
営業時間:平日11:00〜18:00 最終入場 17:30 / 土日祝は11:00〜19:00 
チケット発売:2017年7月21日(金)台湾ファミリーマート店内のFamiポート、会場ほかにて販売
料金:200元

きゃりーぱみゅぱみゅ
http://kyary.asobisystem.com/

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。