体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妄キャリ 世界ツアー開幕! ロンドン大反響で海外特別アルバム即完も

妄キャリ 世界ツアー開幕! ロンドン大反響で海外特別アルバム即完も

 2017年7月14日~16日、イギリス・ロンドンにて開催された【HYPER JAPAN Festival 2017】に妄想キャリブレーションが出演。計3日間で総勢約3,000名のライブ動員を果たした。

妄キャリ ライブ写真(全10枚)

 ライブ本編では、彼女達の代表曲であるTVアニメ『冴えない彼女の育てかた♭』のEDテーマ「桜色ダイアリー」等のアニメソングはもちろんながら、彼女達がメジャーデビュー以降に挑戦してきたEDMやドラムンベースが現地のファンに見事に刺さり、連日の口コミでどんどん動員が増加していった。

 特に2日目公演の「Bang Bang No.1」「ちちんぷいぷい♪」「アンバランスアンブレラ」「irony」のノンストップEDMメドレーは、妄キャリを知らないファンも巻き込んで、会場内が一体となる最大級の盛り上がりに。さらにMCパートでは、メンバーの胡桃沢まひるが特技を生かして、ファンに直接英語で話しかける一幕も。他メンバーのMCもその場で英訳するなど、通訳要らずのコミュニケーションで楽しませた。

 また当日即売所では、現地のJPU Recordsより、Moso Calibration『GREATEST HITS WORLD∞SELECTION』と題した海外特別盤のアルバムも発売されたが、ライブを見た大勢のファンが詰めかけたため、会場内での先行販売分は即完売。急遽、プリオーダーでの対応を行う事態となるほど盛り上がり、JPU Recordsによる現地レポートでは「HYPER JAPANでCD1000枚を売り上げ。そのセールスを担ったのは妄キャリ」と伝えられた。

 初の海外デビュー盤となる本アルバムは、海外でしか手に入らない特別盤となっており、8月4日にHMV等欧州全土のCD店で発売予定となっている。

 2017年夏、妄キャリは海外ツアーと銘打ち、ロンドン【HYPER JAPAN Festival 2017】を皮切りに、上海【BILIBILI MACRO LINK 2017】、香港【ACG Hong Kong 2017】、台湾【NO FEAR FESTIVAL 2017】の計4都市の公演に出演する。国外までも視野に入れた展開を見せる彼女たちの活躍に、ますます目が離せなくなりそうだ。

◎妄想キャリブレーション メンバーコメント
<胡桃沢まひる>
I was so glad to come to HYPER JAPAN!
I have never experienced such great memories.
I went to Big Ben, Covent Garden and some more places.
Everybody was kind and lovely. I want to stay more.
Also British idol fans were so enthusiastic and passionate.
I was impressed these guys were good at speaking Japanese.
I would like to come back to London soon!
If you visit Japan, come meet us!

<桜野羽咲>
ロンドンのみなさんが妄キャリの音楽を一緒に楽しんでくれてとても嬉しかったです。
私たちは秋葉原出身のオタクなのでアニメだったりゲームだったりのポップカルチャーをもっともっとロンドンに届けたいです! またアニメソングを歌ってロンドンに行きます!

<星野にぁ>
日本の文化の1つとしてアイドルが受け入れられてその代表として出演できてとっても誇りに思います!
妄キャリを通してもっと日本を好きになってもらえますようにっ!!

<雨宮伊織>
人生初のヨーロッパ! そして人生初のヨーロッパライブは、とってもエキサイティングでした!
盛り上がり方が日本とはまったく違って、それぞれが思い思いに音に乗って楽しんでいるのがステージからよく見えました。
特典会のことをミートアンドグリートと呼ぶことを覚えました。ミートアンドグリートもとても楽しかったです。
素敵な笑顔に迎えてもらえたことが嬉しくてつたない英語でいっぱい喋りました、また行きたいですイギリスに!

<水城夢子>
ロンドンではEDMの盛り上がり方がとても理想的でした!
こんなに言葉も文化も違う国で私たちの曲で一緒に楽しむことができて自信につながりました!
早くロンドンに帰ってきて単独公演をしてみたいです!

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。