ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

枝豆を「より効果的に」食べるには?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

枝豆を「より効果的に」食べるには?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。7月18日(火)のオンエアでは、管理栄養士の中沢るみさんに、「夏野菜の効果的な食べ方」について伺いました。まずはトマトから。

■トマト

実は、トマトはトマトサラダなど生で食べるよりも、加熱したものを食べた方が栄養の吸収がグンと上がるそうです。

中沢:トマトは加熱する方が栄養の吸収が上がるんです。トマトの栄養成分で注目されているのが、赤い色の成分であるリコピン。この季節、紫外線や暑さで細胞が酸化されてダメージを受けるんですが、リコピンはそれらのダメージから細胞を守ってくれるんです。リコピンは加熱することで、トマトの細胞の外に出て、体に吸収されやすい形に変わってくれるんです。その結果、2、3倍吸収されやすくなります。
別所:じゃあ加熱しなきゃ! パスタとかで和えてもいいんですね?
中沢:トマトパスタやトマトソースのピザとかもおすすめです。
別所:そのほか、気をつけることはありますか?
中沢:トマトを選ぶ時は、色が濃いほうがリコピンが多く含まれています。熟していない緑っぽいトマトよりも、真っ赤な熟したトマトがおすすめです。そのほか、トマトの缶詰やトマトジュースでも大丈夫です。ケチャップにもリコピンが含まれています。

■枝豆

枝豆は、すぐに茹でるのが効果的だそうです。

中沢:枝豆は「鮮度が命」の野菜で、収穫して常温で保存しておくと、味がどんどん落ちてしまいます。次の日には旨みや甘みが半減してしまうので、買ったらすぐに茹でるのがおすすめです。枝豆は、ビタミンAもビタミンBもビタミンCも全て入っています。ビタミンCはコラーゲンを作ってくれるビタミンとして注目されていますが、ビタミンCだけではコラーゲンはできないんです。お肌の土台となる、たんぱく質と一緒に摂らないといけないんです。枝豆ならビタミンCとたんぱく質を一緒に摂ることができますよ。
別所:なるほど! 優秀ですね!
中沢:さらに、枝豆は「ブレインフーズ」と呼ばれてまして、脳を活性化してくれるんです。記憶力や集中力がちょっと…という方にはおすすめです。

とのことでした。ぜひ、参考にしてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。