ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【動画】米ディズニーによる実写版映画『A Wrinkle in Time(原題)』、ファースト・トレーラーが公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米ウォルト・ディズニーは、7月15日(現地時間)に開催されたD23エキスポにおいて、エヴァ・デュヴァネイ監督による待望の映画『A Wrinkle in Time(原題)』のファースト・トレーラーを公開した。

映画『グローリー/明日への行進』、ドキュメンタリー映画『13th -憲法修正第13条』を監督したデュヴァネイは、2016年の2月に『A Wrinkle in Time(原題)』参加した。同作は、行方不明の父親を探し出すために時間旅行を行い、奇妙な世界を訪れる子供たちの一団を追うストーリーだ。ストーム・リードが長女のメグ・マレーを演じる。

ミセス・ウィッチ役でオプラ・ウィンフリー、ミセス・ワトシット役でリース・ウィザースプーン、ミセス・フー役でミンディ・カリング、クリス・パインという豪華キャストが出演し、全員がデュヴァネイ監督やリードとともに同作をプレゼンテ―ションするための舞台に登場した。ザック・ガリフィナーキスとググ・ンバータ=ローも同作に出演しているが、イベントには参加しなかった。

トレーラーでは、パインがタイムトラベルやスペーストラベルの仕組みを説明するとともに、ユーリズミックスの楽曲『スウィート・ドリームス』が流れる。しかしながら、彼の発見が自身を誘拐の標的にしてしまった時、彼を危機から救えるかはリード次第となる。1分49秒の映像は圧倒的なアクションシーンで終わり、あらすじは推測することしかできない。

クリス・バックとともに映画『アナと雪の女王』で脚本と共同監督を務めたジェニファー・リーが、米ディズニーに向けてマデレイン・レングル原作の小説をもとに脚本を執筆した。

ウィンフリーは、公開の前にディズニー・レジェンドとして表彰を受けた。受賞スピーチの中でウィンフリーは、人生における米ディズニーの影響力に言及し、長期に渡って放送されたテレビ番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』について、「米ディズニーとABC 7が今の私を形作ったのです」と、語った。

米ディズニーは、D23エキスポで2本のタイトル未定のアニメーション映画の製作を発表したほか、映画『シュガー・ラッシュ』の続編、映画『Incredibles 2(原題)』、映画『Toy Story 4(原題)』の新情報などを発表した。

『A Wrinkle in Time(原題)』は、2018年3月9日に米劇場公開となる見込みだ。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。