体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

有名な版画を確実に高価買取してもらうコツ!有名作家リストも

エンタメ

絵画作品とはまた違った味わいのある版画。版画にも作家がおり、耳にしたことがある有名な作家もたくさんいます。今現在、ご家庭に版画作品があり、売却を検討しているという方に。普段作品を売ったことが無いという方に、失敗なく売るために知っておきたいことや、版画作品をを高く買取してもらうコツなどを伝授します。

版画を売却予定の方に

null

彫刻や細工を施した版に、インクをつけて転写させる工程を繰り返し作成される版画。古くから行われていた文化であり、はっきりとした開始年数はわからないものの、現代でも小学校、中学校などで授業に取り入れられるほどポピュラーな伝統として知られています。そんな版画ですが、有名作家の作品になると高額取引されることも。今回は、版画の買取相場や高く買取してもらうコツなど、買取に関する情報をご紹介します。

有名な版画作家

木版画

木板を彫り、転写させることによりできるのが木版画。藤田嗣治、小野竹喬、吉田博、東山魁夷、星襄一、斎藤清、志村立美、谷内六郎、森義利、関野準一郎などが有名。

銅版画

銅版に絵柄を彫り、転写させることによりできるのが銅版画です。加山又造、山本容子、南桂子、浜田知明などが有名。数ある版画の種類の中では、作家が少なく希少。

シルクスクリーン

版画の中では比較的新しい作法のシルクスクリーン。孔版画の技法のうち、メッシュを使うものは全てシルクスクリーンカテゴリに入っていることが多いです。有名作家は笹倉鉄平、山形博導、鈴木英人、オノサト トシノブなど。

リトグラフ

水と油の反発作用を利用した版種である、リトグラフ。こちらも版画の中では比較的新しい作法。草間彌生、鶴田一郎、島倉仁、小倉遊亀、伊東深水、天野喜孝、片岡球子など。現代の人気作家の作品も多い。

その他海外作家の版画

主に絵画作家として知られる作家でも、一定の期間中は版画に取り組んでいたという例もあります。あの有名なピカソなどになると数千万以上の価格がつくこともあり、買取価格は日本作家の版画以上にピンからキリであると言われています。

版画の買取相場について

版画は古くから伝わる有名作家の作品から、現代作家まで年代がさまざまです。過去の買取実績からみると、50,000円~数十万での買取実績が一般的ですが、買取相場を掲載していないお店が多く、査定をしてもらうまで金額は一切わかりません。

特に日本国内の作家の作品であれば、知らぬうちに家庭に本物が存在していたりなどして、希少価値の高い作家の作品になると数十万を超える可能性も出てきます。

必ず複数店に価格を聞いてから、最も高く売れる買取店を自ら判断して取引を行わなければ、大きく損をしてしまうこともあるので、お店選びは慎重に。

版画買取に関して知っておきたい知識

null

作者がわからなくても査定可能

古くから家にあり、あの作家の作品であると聞いている分には作家名がわかっていることもありますが、まったく作家がわからない時。誰の作品かわからない場合でも、どのお店でも査定は可能です。

1 2 3次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会