体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ある場所でのみ楽しめる「透明なトマトジュース」って?

生活・趣味
ある場所でのみ楽しめる「透明なトマトジュース」って?

トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュースがあるのだそう。

果たして、その正体とは?

「ななつ星」でのみ提供!
シャンパンゴールドが美しい…

ある場所でのみ楽しめる「透明なトマトジュース」って? シャンパンゴールドに輝くこのトマトジュース。実は、2013年に運行を開始し話題を呼んだ、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」でのみ提供されているもの。どうやら、沿線にある宮崎県都農町の観光協会が「特産トマト」のPRのために開発したのだとか。ある場所でのみ楽しめる「透明なトマトジュース」って? ほとんど濁りがないだけに、「味が薄いのでは?」と思ってしまいますよね?でも、トマトの香りや味はしっかり残っており、酸味も穏やかに仕上がっているとのこと。ある場所でのみ楽しめる「透明なトマトジュース」って?

濃厚な味の秘密は、糖度の平均値がメロンと同等の「ごくとま」という高級品種を使っていること。さらに、それを最低4日かけてろ過するという手間のかけようです。そのため、トマト10キロから取れるジュースの量は、わずか2.5リットル程度。なんて貴重な一杯…。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会