ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

新食感ジュースが「日本橋タカシマヤ」に期間限定で登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


まるで葡萄を食べているような、そんな新食感のジュースが「日本橋タカシマヤ」地下1階ギフトコーナーに期間限定でやってくる。1瓶に葡萄まるごと1房詰まった特濃ジュースを味わって。

7月19日(水)~25日(火)に販売される「食べるぶどうジュース(全3種類)」、「食べるいちごジュース」「食べるブルーベリージュース」の全5種類は、採れたて果実を水、砂糖を全く使わずに栄養価の高い種や皮もまるごと使って作ったジュース。

フルーツ王国山梨で採れた果物の栄養価の高い種や皮もまるごと使っているため、美容にも健康にも嬉しいジュースは、オンラインショップなどで売り切れ続出となった人気商品。この度、各種100個限定で販売される。

「食べるぶどうジュース」は「食べるぶどうジュース マスカット・ベリーA」「食べるぶどうジュース 巨峰」「食べるぶどうジュース シャインマスカット」の3種類。「食べるぶどうジュース 巨峰」は、アジア最大級の食品・飲料専門展示“FOODEX JAPAN 2017 美食女子グランプリ”のママの愛部門において“金賞” を、2017年度のモンドセレクションでは“銀賞”を受賞した逸品だ。

「食べるぶどうジュース」は飲む以外にも、料理やデザートにアレンジすることもできる。ソースとしてかけたり、ジェラートを作ってみたり、様々に楽しんでみて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。