体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブロークン・ソーシャル・シーンの新曲MV、主人公は人ではなく“トイレ”!?

ブロークン・ソーシャル・シーンの新曲MV、主人公は人ではなく“トイレ”!?

7月7日に約7年ぶりとなる新作『ハグ・オブ・サンダー』を発売したブロークン・ソーシャル・シーン。海外媒体からの評価が高く、『Pitchfork』では前作に続いて「BEST NEW MUSIC」を獲得し、8.4点という高評価を得ている今作より、「Vanity Pail Kids」のMVが公開となった。

「Vanity Pail Kids」のMVは、メンバーのケヴィン・ドリューが監督。人ではなく“トイレ”が野心のあるポップ・スターという主人公を務め、トイレの一風変わった旅について描かれている。(田)

「Vanity Pail Kids」MV

https://youtu.be/TCDR7UnZRcc
ブロークン・ソーシャル・シーンの新曲MV、主人公は人ではなく“トイレ”!?

『ハグ・オブ・サンダー』

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。