体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BREAKERZ、“明日への記憶!新たな約束の旅へ!”デビュー10周年記念公演完遂

BREAKERZ、“明日への記憶!新たな約束の旅へ!”デビュー10周年記念公演完遂

7月25日にデビュー10周年を迎えるBREAKERZが、7月15日・16日の2DAYSにわたり、東京・豊洲PITにて10周年記念のワンマンライブを開催した。

彼らのライブは毎回新たな挑戦やエンターテイメント溢れる企画で楽しませてくれるが、今回はアニバーサリーにふさわしいファン思いのスペシャルな企画が用意されていた。

1日目はBREAKERZ史上初、観客がライブ本番中もスマフォやフィーチャーフォンで写真撮影ができるというライブ。2日目は来場者のみ限定で10番勝負のスペシャルライブ映像と、舞台裏のオフショットを収録したDVDが全員にプレゼントされるという何とも太っ腹な内容で、発表当初から大きな話題となっていた。

そして遂にやってきたライブ本番。「MEMORY」「PROMISE」と、それぞれのタイトルが持つ意味が大いに体現された両日の模様をライブレポートする。

7月15日 初日レポート
全国から大勢のBREAKERZファンが集結した東京・豊洲PIT。連日激暑に見舞われた東京はこの日も30度を超える厳しい暑さとなったが、会場内はさらに熱気が立ちこめ今にも爆発しそうな様相を呈していた。ロビーにはこれまでの軌跡を辿るパネル展示や、親交の深いミュージシャンなどから届いた祝いのスタンド花が数多く飾られていてとても華やかだ。

ところでBREAKERZのライブといえば95%と言っても過言ではない程毎回女子率が高いのだが、この日は男性も非常に多かったのが印象的だ。カップルもいれば、男性同士の姿も見受けられ、ファン層の広がりを感じられた。

そしていよいよ開演。ステージに登場したスクリーンには、2017年から2007年へと遡りながら想い出の映像が次々と映し出されていった。映像が終わり大きな歓声が轟く中始まったのは「THE TRAIN’S GONE…」。彼らがCDデビューする前の2007年6月に配信曲としてリリースされた、世の中に発表されたBREAKERZの記念すべき1曲目にあたるナンバーだ。

そう!この日はライブタイトルが示す通り、セットリストもBREAKERZにとってメモリアルな曲を配した内容になっていたのだ。「豊洲PIT、MEMORY、思い切り楽しんでいこうぜ!」というDAIGOの雄叫びで始まった2曲目「WAKE UP MY SOUL」もまた配信曲としてCDデビュー前にリリースされた楽曲。3曲目の「Kamisori」と共にこの日の幕開けを飾った3曲は、デビューアルバムにも収録されたBREAKERZ初期のナンバー。DAIGOはいつにも増して迫力に満ちた歌声を放ち、初っぱなからボルテージ全開だ!!

DAIGO:10周年ライブ「MEMORY」にようこそ。俺たちがBREAKERZです!今日は10年経った俺たちの姿をみんなのスマフォにメモリーしてもらうというテーマでやっていきます。だけど異様な雰囲気だね(笑)。さっきかっこつけてステージの前方に行ったのに、写真に夢中で誰も手振ってくれないんだもん(笑)。とにかく今日は俺たちのベストショットをちゃんと撮ってくれよな!楽しんでいこうぜ!

MCの後は爽やかな青いライトに照らされて「ナンゼンカイ…ナンマンカイ…」。オーディエンスは写真も撮りたいし、演奏もちゃんと聴きたいしと、なんだか忙しない様子だ。

続いてラウドなイントロに、ぶっといベースソロが響くと一気に客席が沸き立った「EMILY」、久々のライブ披露となった重厚感溢れるヘヴィーナンバー「LAST † PRAY」、そして「みんなも思い切り声出してくれ〜」と煽って、自身が走った「24時間テレビ」チャリティーマラソンの際に作った曲「RUN AND RUN」へ。

間奏ではAKIHIDEとSHINPEIがステージ花道に進み軽快なツインギターソロを披露。DAIGOも駆け寄りメンバー同士肩を組んだり、小走りの仕草を見せるとオーディエンスはシャッターチャンスとばかりにすかさず撮影!曲終わりでDAIGOが、「2年前よく走ったよね〜」と感慨深げにこぼすと、客席から温かい笑みがこぼれた。

ここでサポートのMatsu(Ba.)とMAKOTO(Dr.)を含め、メンバー紹介が行われた。

SHINPEI:気づけば10年です。僕の中ではDAIGOさん、AKIHIDEさんというメンバーに出会って、BREAKERZを作ったことだけでもミラクルだったんですけど、それから色んなことを経験して、色んな想い出を作りました。10年という長い時間を同じメンバーで歩いてきたっていう、これだけはどれだけお金積んでもできることじゃないし嬉しいです。胸がいっぱいなんですけれど、あとはギターに乗せて伝えたいと思います。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会