ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ダンスユニットSpininGReenがサイバーアート作品を発表、新メンバーで【TECHS3】参戦

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ダンスユニットSpininGReenがサイバーアート作品を発表、新メンバーで【TECHS3】参戦

 テクノロジー&ファッションを取り入れた新しい表現に挑戦するモデル&ダンスユニットSpininGReen(スピニングリーン)が、RISA脱退後、新メンバー5人を迎え、7月23日に行われる【TECHS3@SuperDeluxe】にヘッドライナーとして出演し、サイバーアート作品「SHOSA/所作~ a rebirth of human body ~」をYouTubeにて発表した。

 本作は、“アルゴリズムに縛られたダンスを解放する”というテーマで作られ、ステージ上のダンサーの身体各部位の位置情報と、足の圧力、加速度をリアルタイムに測定し、音や映像を操作していく表現が用いられている。人間の身体が持つ豊かで繊細な表現力を活かすために、モデル兼ダンサーによる身体の動き(SHOSA/所作)をモチーフに、水音などの自然音とデジタルミュージックの要素を組合せており、センサーリングには、マイクロソフト社の公開技術Kinect(キネクト)と、富士通で試作したセンサーシューズを活用。身体の動きはKinectで、足の圧力と加速度をセンサーシューズで読み取り、音や映像をコントロールしている。また、着物を美術品として鑑賞する“衣桁”という伝統的な習慣を現代に蘇らせる試みで、舞台後部に広げた着物をスクリーンとして設置し、ダンサー着用の着物の文様を映し出すと共に、ダンサーが操る蝶と鱗粉をリアルタイムに照射される仕組みだ。プロデュースは、本作でクリエイティブディレクターを務めているTECHSから派生したプロデュース集団“Enter-Tech LabTokyo”、クリエイターには、モダン着物の新進デザイナー谷川幸がオリジナル衣装をデザインし、こだまさおりが作詞を担当している。

 また、同イベントでは本作「SHOSA」に加えて、5月の【MUSICIANS HACKATHON for TECHS】で考案されたビジュアル表現「GReenFire」を初披露する予定だ。

◎サイバーアート作品「SHOSA/所作 ~ a rebirth of human body ~」
https://youtu.be/9HIsqnALW2w

◎イベント情報
【TECHS3 SuperDeluxe】
2017年7月23日(日)
六本木SuperDeluxe
OPEN 16:30 START 17:00
チケット:前売 3300円 / 当日3800円 ※ドリンク別
出演:
SpininGReen
STARMARIE
・point
小南千明 with やかぷー
サイボーグかおり
式 紗彩

関連記事リンク(外部サイト)

RIP SLYME、主催フェス【真夏のWOW】開催「ここはもう梅雨明けしました!」
スピッツ 今年は冬に毎年恒例レギュラーイベント開催
never young beach「普段よりも“オー!”とか言いすぎ!」、江ノ島で公開収録ライブ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。