ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

X JAPANの“新しいスタイル”を確立した歴史的ツアー閉幕

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
X JAPANの“新しいスタイル”を確立した歴史的ツアー閉幕

 大阪城ホールを皮切りに 6 日間に渡り行われてきた【X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle~奇跡の夜~6DAYS】が17日、横浜アリーナでツアーファイナルを迎えた。

 11日の大阪城公演を皮切りに2都市全6公演。急遽発売された追加席もすべて完売し、6日間の観客動員数は計70,000人。「歴史に残るライブにしたい。」初日の本番前、囲み会見で語ったYOSHIKIのその言葉通り、今回の日本公演は、ドラムという武器を封印したX JAPAN、そして前例のない事をやり続けるYOSHIKI にとって『新しいスタイル』が確立された歴史的ライブとなった。

 映画『WE ARE X』特別バージョンの放映が演出として組み込まれ、フィルムから繋がりドラマティックにショーが始まる前代未聞のスタイルで幕を開けた今回のライブ。最終日は「奇跡の夜にようこそ。」というYOSHIKIの言葉から始まった。

 「Forever Love」や「Tears」「Without You」「ART OF LIFE」などのX JAPANの代表曲に加え、「Say Anything」や「Longing」など、最近のライブでは演奏される事がなかった貴重な曲、そして「KURENAI(紅)」や「Silent Jealousy」「WEEK END」など、本来激しいドラミングが特徴であるはずの曲が、すべて美しくクラシックアレンジされ、まさにそれは「今しか見る事のできないX JAPAN」のステージ。かと思えば、「X」では会場中が合唱し“Xジャンプ”するという、X JAPANならではのいつものライブの光景も見られ、とてもアコースティックライブとは思えないほどのエネルギーを放っていた。

 約3時間にわたる公演は、リハーサルで毎回アレンジが加えられ、6日間回を重ねるごとに毎日進化し続けていた。初日大阪公演後すぐ、今回のセットリストがとにかく「神ってる」とSNS上はファンのコメントで溢れ返り、その噂は拡散され、毎回変わるセットリストの話題や、聴きたい曲の人気投票で沸きまさにお祭り状態だった。

 術後、今回のコンサートを決行するべきか悩んだというYOSHIKI。ドラマーがドラムを叩かずにライブが成立するのか という不安のあるなか初日を迎えた。YOSHIKIにとって術後初となるパフォーマンス、そして今回挑んだのは“全編アコースティックスタイ ル”という、グループ史上初の試み。だがそれは結果としてX JAPANの新たなスタイルを確立する事となる大きなステップとなった。

 「X は“無限の可能性”という意味を持つ。不可能なんて何もない。そしてこのツアーから新しい意味が加わった。“何があっても負けない。諦めない。100回倒れてもまた這い上がって来る”」 そう自らを奮い立たせ、この先も立ち止まる事はないと断言したYOSHIKI。

 最後はこのコンサートに関わった関係者スタッフ、メンバー、そして何よりもここに集まってくれたファンのみんなへの感謝の思いを口にし、感動の涙を流しながら「ENDLESS RAIN」で最終公演を締めくくった。演奏後、ステージ上には大勢のファンからのコメントで埋め尽くされた大きな横断幕がサプライズで登場。感動的な日本公演のファイナルであった。

 「ドラムパフォーマンスの年内復帰が目標」と話す通り、YOSHIKIはこのあと完全復帰に向けて勢いをつけ、間髪入れずにディナーショー、更に映画『WE ARE X』DVDのリリース、そして21年ぶりとなるアルバム制作の最終作業に取りかかる。 8月26日名古屋から始まり、大阪、東京にて行われる今年のプレミアムディナーショーは、通常 キャパ1万人以上の会場で行われるライブが、手の届く距離で堪能できる。

 自身の手術により、立ちはだかった巨大な壁は、またしてもX JAPANに大きな試練を与えたかに見えたが、数々の困難を乗り越えてきたグループはこの「奇跡の夜の6日間」をファイナルまで全力疾走し、 日本ツアーでまたひとつ大きく成長した。そしてX JAPANは『新たなスタイル』という武器を手にして次のステージ、『まだこの先にある世界の壁』に向かって進んで行く。

関連記事リンク(外部サイト)

X JAPANワールドツアー アコースティックな奇跡の夜、横浜アリーナ4days開幕
X JAPANドキュメンタリー映画『WE ARE X』Blu-ray&DVD今秋リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。