ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

やくしまるえつこ 国際科学芸術賞グランプリ作品『わたしは人類』金沢21世紀美術館で展示

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
やくしまるえつこ 国際科学芸術賞グランプリ作品『わたしは人類』金沢21世紀美術館で展示

 音楽家、アーティスト、プロデューサーとして活躍するやくしまるえつこ。バイオテクノロジーを用いて制作し、音源と遺伝子組み換え微生物で発表した作品『わたしは人類』が、2017年7月22日~2018年1月8日まで、金沢21世紀美術館で行われる【コレクション展2「死なない命」】で展示される。

『わたしは人類』関連画像(全9枚)

 やくしまるえつこ『わたしは人類』は、メディアアート界のオスカーとも言われる世界最大の国際科学芸術賞「アルス・エレクトロニカ賞」の『STARTS PRIZE』で今年グランプリを受賞。今回、生命を素材や主題にした作品群を通して、生命の「いま」について考える【コレクション展2「死なない命」】では、9月から行われるオーストリア、ベルギーでの展示に先駆け、最新バージョンが展示される。

 なお、やくしまるえつこは、先日発表されたCINRAによる新たなカルチャーフェス【NEWTOWN】のオリジナルロゴも描き下ろし、また相対性理論としても、2017年8月20日に同じく比谷野外音楽堂で行われる【exPoP!!!!! vol.100】に出演。現在CAMPFIRE(http://bit.ly/2uxSC5J)では、上記イベントの優先入場権やオリジナルグッズなどが受付中となっている。

◎展示情報
【コレクション展2 死なない命】
2017年7月22日(土) ~2018年1月8日(月)
会場:金沢21世紀美術館 展示室1~6(展示室5は11/11から)
10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
出品作家:やくしまるえつこ、エドワード・スタイケン、BCL、デミアン・ハースト、ヴィック・ムニーズ、日比野克彦、八谷和彦、ヤノベケンジ、粟津潔、川井昭夫、イ・ブル、椿昇、Chim↑Pom
<料金>
一般=360円(280円)
大学生=280円(220円)
小中高生=無料
65歳以上の方=280円
※( )内は団体料金(20名以上)
休場日:月曜日(ただし8月14日、9月18日、10月9日、10月30日、1月8日は開場)、9月19日(火)、10月10日(火)、12月29日(金)~1月1日(月)

関連記事リンク(外部サイト)

やくしまるえつこ、バイオテクノロジー用いた音楽作品で日本人初の功績
やくしまるえつこ 自己複製し続ける微生物に楽曲情報を組み込む「人類滅亡後の音楽」制作
相対性理論【TAICOCLUB’17】で4年ぶりのフェス出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。