ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

星野源、『過保護のカホコ』主題歌「Family Song」の新着情報続々解禁

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

星野源が8月16日にリリースする日本テレビ系 水曜ドラマ『過保護のカホコ』の主題歌としてオンエア中のニューシングル「¥Family Song」のジャケット写真、収録内容、封入特典、オリジナル特典などの詳細が発表された。
星野 源 (okmusic UP's)

「Family Song」をはじめ、「肌」、「プリン」、さらに星野の自宅でレコーディングされた「KIDS(House ver.)」等、収録曲すべてが新曲。 ジャケットビジュアルは、シングル「恋」、MV集『Music Video Tour 2010-2017』でも星野とタッグを組んだ吉田ユニが担当し、独創的でありながら家族の愛情を感じるデザインとなっている。

また、初回限定盤に付属するDVD『Home Video』は、今年1月にパシフィコ横浜 国立大ホールにて2日間限定で行われた「新春 Live 2days 『YELLOW PACIFIC』」より厳選されたライヴ映像、そして新曲「プリン」のレコーディングに密着したドキュメンタリーや、星野と彼の友人によるオーディオコメンタリーも収録された魅力的な内容となっている。

さらに、既報の「星野源 Live Tour 2017『Continues』」さいたまスーパーアリーナ追加公演のチケット抽選先行受付用シリアル番号も封入されている。こちらは8月20日応募締め切りとなっているのでお早めに。

なお、店舗別オリジナル特典として、オリジナルA5クリアファイルが対象店にて先着でプレゼントされることも決定。こちらのデザインは後日発表となっているので楽しみにしてほしい。
シングル「Family Song」
2017年8月16日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

VIZL-1214/¥1,800+税

【通常盤】(CD)

VICL-37307/¥1,200+税

<収録曲>

■CD

1. Family Song

2. 肌         

3. プリン

4. KIDS (House ver.)

■初回限定盤特典DVD『Home Video』 

・新春Live 2days 『YELLOW PACIFIC』ライヴ映像 

・「プリン」 Recording Documentary

※星野源と友人によるコメンタリー付

◎ 封入特典

星野 源Live Tour 2017『Continues』  

さいたまスーパーアリーナ追加公演 9月9日(土).10日(日)

チケット抽選先行受付用シリアル番号封入!(8月20日応募〆切)

【オリジナル特典詳細】
下記対象店にてシングル「Family Song」をご予約・ご購入の方に、先着で“星野源 『Family Song』 オリジナルA5クリアファイル”をプレゼントいたします!

■Atype

・タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン

■Btype

・TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング

※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。

■Ctype

・HMV 全国各店 / ローチケHMV

■Dtype

・Amazon.co.jp

※Amazon.co.jp では、特典つき商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。

■Etype

・山野楽器 全国CD/DVD取扱い店舗 / 山野楽器オンラインショップ

・楽天ブックス

※楽天ブックスでは、特典つき商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。

・セブンネットショッピング

・A!SMART

・ビクターエンタテインメント オンラインショップ

・星野源 LIVE TOUR 2017 『Continues』 ツアー会場 CD予約コーナー

※すでに開催済みの会場にてご予約いただいた方も対象となります

その他対象店舗はビクターオフィシャルサイトにて随時発表

※対象店により、絵柄は異なります。

※特典は無くなり次第終了となります。

※一部お取扱いの無い店舗等もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。

※対象店は随時追加となります。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。