体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SCANDAL、初の47都道府県ツアー完走 &東名阪対バンツアー決定

SCANDALが今年3月から約4カ月間にわたって開催していた初の47都道府県ツアー「SCANDAL TOUR 2017『SCANDALの47都道府県ツアー』」が、7月17日に東京・豊洲PITにてツアーファイナルを迎えた。今回のツアーは2月にリリースしたバンド結成10周年記念ベストアルバム『SCANDAL』を引っ提げて行われたため、新旧の楽曲が惜しげもなく披露された。また、全53公演、毎回セットリストを変えるという試みも実施され、毎公演がスペシャルな内容となった。
7月17日@豊洲PIT (okmusic UP's)

ツアーファイナルとなったこの日の公演は、メンバーがステージに登場するなり客席から大歓声が上がり会場の熱気が一気に高まった。ファン投票1位を獲得した「SCANDAL BABY」で幕を開け、「瞬間センチメンタル」「少女S」「DOLL」などのシングル曲や、ベストアルバムに収録の新曲「FREEDOM FIGHTERS」、「HELLO」などが次々にパフォーマンスされた。

キャリア最多本数となった今回のツアーの最終日を迎え、HARUNA(Vo&Gt)は「47都道府県ツアーで全国のたくさんのファンにライヴを見てもらえて本当に嬉しかった。このツアーは長かったし、しんどいと思う時もあったけど、こうやってみんなと会っている時間が最高で、この瞬間が大好きだから、私たちはバンドを続けているんだと思う。47都道府県ツアーは今日で終わるけど、私たちの旅はまだまだ続きます。どうなるかわからないけど、行ける限り行ける所まで行きたい。だからずっと私たちについてきてください」とコメント。会場は拍手と大歓声に包まれた。

さらに、10月に初の対バンツアーを東京、名古屋、大阪の3都市で開催することが発表されると、会場は再び熱気に包まれた。対バンアーティストとしてラインナップされたのは、UNISON SQUARE GARDEN、04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNTの3組。初の対バンツアー開催にあたって、メンバーは「これまでワンマンライヴをたくさんやってきたからこその私たちとみんなのいいグルーヴを、他のバンドのファンにも見てもらいたいし、みんなにも他のバンドのライブを見てほしい」と意気込みを語った。

この夏はロックフェスやイベントに多数参戦するSCANDAL。47都道府県ツアーを経てより一層タフなロックバンドになったSCANDALをぜひ目撃してほしい。
【セットリスト】
1. SCANDAL BABY

2. 瞬間センチメンタル

3. EVERYBODY SAY YEAH!

4. 夜明けの流星群

5. 少女S

6. Flashback No.5

7. テイクミーアウト

8. ビターチョコレート

9. HELLO

10. Sisters

11. FREEDOM FIGHTERS

12. 声

13. 会わないつもりの、元気でね

14. 太陽スキャンダラス

15. DOLL

<アンコール>

EN1. Image

EN2. LOVE SURVIVE
『SCANDAL TOUR 2017“SCANDALの対バンツアー”』
10月06日(金) Zepp Tokyo

w:UNISON SQUARE GARDEN

10月20日(金) Zepp Nagoya

w:04 Limited Sazabys

10月21日(土) Zepp Osaka Bayside

w:BLUE ENCOUNT
アルバム『SCANDAL』
発売中

【完全生産限定盤】(CD2枚組+ Candy Stripper×SCANDAL Tシャツ)

ESCL-4810~ESCL-4812/¥6,000(税抜)

【初回生産限定盤】(CD2枚組+DVD)

ESCL-4813~ESCL-4815/¥4,200(税抜)

【通常盤(初回仕様)】(CD2枚組)

ESCL-4816~ESCL-4817/¥3,500(税抜)

<収録曲>

■CD Disc 1

1. SCANDAL BABY

2. Stamp!

3. 少女S

4. ピンヒールサーファー

5. S.L. Magic

6. スイッチ

7. Departure

8. Hello! Hello!

9. テイクミーアウト

10. 下弦の月

11. OVER DRIVE

12. LOVE SURVIVE

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。