ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

顔認識で不審者の侵入だけを通知する防犯カメラ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
顔認識で不審者の侵入だけを通知する防犯カメラ

NETATMO(ネタトモ)は革新的な機能を搭載したスマートホームを開発するフランスのメーカー。そんなNETATMOが送り出してきたのが、顔認識機能を搭載した家庭用の防犯カメラ「Welcome(ウェルカム)」です。顔認識で不審者を特定できるだけでなく、家に誰が居て、誰が居ないのかもチェックできます。

顔認識で家族を特定する防犯カメラ

「Welcome」は、人の動きを検知するとビデオの録画を開始。それと同時に顔認識機能で自宅に入って来た人物を特定してスマホに知らせてくれます。登録済みの家族以外が自宅に侵入した場合は、「知らない顔が見えた」と通知するのです。

そして、その人物が自宅に入ってきた時の映像を確認できるという仕組み。赤外線LEDを搭載しているため、夜間でも問題なく使用できます。より本格的な自宅用の防犯カメラを設置したい人にオススメのアイテムです。

顔認識機能付き防犯カメラの使い方は、まずは家族の顔と名前の登録からスタート。最初のうちは顔認識が甘いですが、何度も認識させることで精度が上がっていきます。続いてはセキュリティの設定です。

防犯カメラが顔認識で人物を検知

未登録の人物が現れた時の通知や、ビデオ録画のタイミングなどを設定が可能。また、スマホへの通知の有無など個人ごとにセットできます。そして、防犯カメラが顔認識で人物を検知すると、登録済みのスマホに通知されるのです。

専用アプリ「Netatmo Security」を開くと、誰がいつ自宅に入ってきたかをタイムラインで表示します。「知らない顔が見えた」などの項目をタップすると、その人物の録画映像を再生できるのです。また、リアルタイムの映像も視聴できます。

顔認識機能付き防犯カメラの解像度は1920×1080ドットで、画角は130度です。記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)、自動でDropboxに録画映像を保存できます。電源はACアダプタで、本体サイズ/重さは4.5W×15.5H×4.5Dcm/約198gです。実勢価格は29,800円となっています。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。