ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Chart insight of insight】勢いが止まらない?! K-POPのニューカマー、TWICEの大ブレイク

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【Chart insight of insight】勢いが止まらない?!   K-POPのニューカマー、TWICEの大ブレイク

 一時は落ち着いたかと思われた日本でのK-POP人気だが、ここにきて猛烈な勢いのニューカマーが登場している。それが、ヴォーカル&ダンス・グループのTWICEだ。2015年にオーディションで選ばれた女性9人組で、日本人メンバーも混じっているのがこれまでになかった特徴といえるだろう。しかも、日本デビュー前から続々とチャートに登り始め、その躍進ぶりは他のガールズ・グループへの脅威となっているのだ。

 今週Hot100で4位となった「TT」は、彼女たちの現時点での一番のヒット・チューンだ(【表1】)。6月28日にリリースになった日本デビューとなるベスト・アルバム『#TWICE』のタイトル曲だが、本国韓国では昨年の11月にリリースされているため、その時点で早くもチャートインしていることに注目。しかも、リリースはカウントされず、動画再生数(赤のグラフ)とツイッターのつぶやき指数(水色のグラフ)のみなのに、11/7付のHot100で初登場18位という好記録からスタートしている。そして、それほど大幅に下降することもなく、半年後に日本デビューを迎えているというポテンシャルは恐ろしいほどだ。とにかく動画再生数のポイントが高く、現時点で3周連続1位を記録している。この勢いが続けば、首位に到達する可能性も高いといえるだろう。

 しかも、TWICEがすごいのは、この曲だけではないということだ。Hot100の11位には別の楽曲「SIGNAL」が控えている(【表2】)。しかもよく見ると、「TT」の動画再生数が1位になる前は、この「SIGNAL」が動画再生数で5周連続1位となっているのだ(赤のグラフ)。とにかくビジュアル面では無敵の彼女たち。その下にも、「Like OOH-AHH」、「CHEER UP」、「KNOCK KNOCK」という3曲も上位をうかがっており、現在のチャート専有率はNo.1。今後どこまで躍進するのか、しっかりと注目しておきたい。text by 栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

【深ヨミ】地域別セールスから見るTWICEの広がり
TWICE、初の日本単独公演で15,000人とTTポーズ
TWICE、東京タワーとの“TT”コラボが実現

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。