体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。

「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。

全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。

ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡仁」を構える木地師、岡崎靖男さんの見事な職人技。鳴子こけしの制作過程に、思わずうっとりしてしまうはずーー。

ぜひ動画で見てほしい。
これぞ「名人の仕事」

「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。 こちらが「こけしの岡仁」。「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。 岡崎靖男さんは高校卒業後、父に師事して兄弟子の指導を受けながら、こけしづくりを始めたのだそう。「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。 まず、こけしの寸法に切られた原木をろくろにかけて削り、頭を作っていきます。「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。 頭部が完成。「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。 続いて胴体を作ります。「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。