ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「シカゴ」で、こんなに五感を刺激されるなんて。

DATE:
  • ガジェット通信を≫
「シカゴ」で、こんなに五感を刺激されるなんて。

普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。

水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代に造られた歴史のある美しい建築が立ち並んでいるので、街並みをクルージングすることも人気のひとつなのです。「シカゴ」で、こんなに五感を刺激されるなんて。

世界のトップに
選ばれたシカゴ美術館へ

「シカゴ」で、こんなに五感を刺激されるなんて。

アメリカ三大美術館のひとつでもある、シカゴ美術館。

西洋、東洋、30万点以上の収蔵作品数を誇り、じっくり周ると丸1日かかってしまうほど巨大です。ちなみに、旅行者の口コミが選んだ世界の博物館・美術館TOP25で1位に輝いたのも、ココ。

広い敷地のなかで、ゴッホ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴーギャンなど、多数の有名絵画を一度に鑑賞できることも人気の秘密のようです。

なかでも、他の美術館に貸し出しすることができない、門外不出のジョルジュスーラの傑作『グランド・ジャット嶋の日曜日の午後』は、見ておきたい作品。印象派時代の巨匠たちの作品が多く展示されているので、とくに後期印象派の作品が好きな私にはたまらない空間でした。「シカゴ」で、こんなに五感を刺激されるなんて。「シカゴ」で、こんなに五感を刺激されるなんて。

「チャーミング」な街
ガリーナ

そのまま、シカゴから車で2時間ほどで到着する街「ガリーナ」へ。

アメリカのなかでも「チャーミングな街」として人気で、ヨーロッパ風の街並みが今でも残っていて、週末は旅行者が集まるスポットです。

アンティークや可愛らしい雑貨屋、カフェ、レストランが連なっていて、おいしいワイナリーや乗馬などができるアクティビティも。

まるで、時間が止まったかのような美しい場所です。「シカゴ」で、こんなに五感を刺激されるなんて。

またこのエリアには、寝泊まりと朝食をいただけるB&Bが多くあります。

たとえば、地元でも注目されている「ジャイル・ヒル・イン」。その名前の通り、もともとこの建物は刑務所だったそうなのですが、今ではまったくその面影を感じさせず、優雅で品のある空間になっています。

とくに朝食が人気で、オーナーこだわりの地元オーガニック野菜をつかった朝食がおいしく、リピーターも絶えないとか。施設に対する愛情たっぷりのオーナーの話は心温まるものがありました。「シカゴ」で、こんなに五感を刺激されるなんて。「シカゴ」で、こんなに五感を刺激されるなんて。「シカゴ」で、こんなに五感を刺激されるなんて。「シカゴ」で、こんなに五感を刺激されるなんて。

散歩をしていても、シカゴは本当に緑も多く、川に囲まれた美しい街。

清掃活動にも力をいれているそうで、清潔感が気持ち良かったです。ミュージカルやブルースの本場である音楽やおいしい食事など、五感を思い切り使って楽しめる場所。そんなシカゴが一気に大好きになった旅でした。

関連記事リンク(外部サイト)

“どこよりも濃いアメリカ”は、ここにあった
ドローンで撮影した「シカゴと雲海」のコラボレーション
低コストなのに超楽しい!海外旅行を計画するなら、まずはこの「10カ国」をチェック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。