体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

突然の運休でも困らない!“リスク回避”の得意な駅とは?<関東編>

東京ではほぼ毎日、どこかしらの路線で運休や大幅な遅延が発生している状況です。そのため誰しもが「突然の運休に出くわすリスク」を抱えています。さて、普段通勤で利用している鉄道で、突然の運休が発生した場合に、あなたはどのようにこのピンチを乗り切っていますか?

今回は、突然の運休でも困らない、“リスク回避”の得意な駅をご紹介します。

f:id:tany_tanimoto:20170714192352g:plain

その1:「複数路線乗り入れ」が充実している駅

当たり前のことですが、複数路線が乗り入れている駅を使えば一つの路線が使えなくなっても、すぐに代替路線に乗り換えることができます。それが多少遠回りになっても、通常よりも多少の遅れで通勤先に到着できるため、ビジネスパーソンにとっても人気の駅になりやすいのでは。

今年発表された「みんなが選んだ住みたい街ランキング2017 関東版」のトップ10では、

1位:吉祥寺(JR中央線・京王井の頭線が乗り入れ)

2位:恵比寿(JR山手線/埼京線・東京メトロ日比谷線が乗り入れ)

3位:横浜(JR各線・京急線・東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線・相鉄線・横浜市営地下鉄ブルーラインが乗り入れ)

4位:目黒(JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線が乗り入れ)

5位:品川(東海道新幹線/JR各線・京急線が乗り入れ)

6位:武蔵小杉(JR南武線/横須賀線・東急東横線が乗り入れ)

7位:池袋(JR山手線/埼京線・東武東上線・西武池袋線・東京メトロ有楽町線/副都心線/丸の内線が乗り入れ)

8位:中目黒(東急東横線・東京メトロ日比谷線が乗り入れ)

9位:東京(新幹線/JR各線・東京メトロ丸の内線が乗り入れ)

10位:渋谷(JR山手線/埼京線・東急東横線/田園都市線・東京メトロ半蔵門線/副都心線・京王井の頭線が乗り入れ)

※「みんなが選んだ住みたい街ランキング2017 関東版」

リクルート住まいカンパニー調べ

このように、ベスト10すべての街・駅に複数路線が乗り入れています。

その2:「タテ軸」の路線が充実している駅

多くの方が郊外から都心に向けて通勤されていると思いますが、そのニーズに合わせて路線が都心と郊外を結んでいます。例えば都心から西側に向けて路線を伸ばす京急線・JR東海道線・東急東横線・東急田園都市線・京王線・小田急線・JR中央線・西武新宿線・西武池袋線・東武東上線など、多くの鉄道は横に広がっています。

この、横に広がる「ヨコ軸路線」を結びつけるのが「タテ軸路線」。都心と郊外を結ぶ路線ではなく、郊外エリアに特化した通勤路線の存在によって、仮に一つの「ヨコ軸路線」が運休したとしても、「タテ軸路線」を活用することで、比較的スムーズに乗り換えて都心に向かうことができます。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会