ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

名店のフレンチシェフが手掛ける絶品カレー専門店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

名店のフレンチシェフが手掛ける絶品カレー専門店
J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「HUNGRY OUT」。7月14日(金)のオンエアでは「カレー」をテーマにお送りしました。

この時期、雑誌などでもいろんなカレー店が紹介されていますが、今回、ピックアップしたのはメディアに紹介されるのはおそらく今回が初! という、恵比寿にできたばかりのカレー専門店「GOOD LUCK CURRY」。

お店を手掛けたのは、渡部も大好きと言う代官山のビストロ「Ata」のオーナーシェフ。メディアに出ていないにも関わらず、早くもクチコミでじわじわと人気になっています。どんなカレーが食べられるのでしょうか? スタジオにはオーナーの掛川哲司さんにお越しいただきました。

掛川さんは、「Ata」のオーナーでもありますが、「GOOD LUCK CURRY」のカレーは「Ata」では出していません。今回はどうしてカレーのお店をオープンしようと思ったのでしょうか?

「美味しいカレーを食べてみたいな、って思ったんです」と掛川さん。作っているうちにだんだんと凝り始め、お客さんに食べてもらいたくなったそうです。さすが料理人ですね! この日はお店で出しているカレーをスタジオにお持ちいただきました。1つのお皿で2種類のカレーが楽しめる「ダブル盛り」。定番の海老カレーと、週替わりのカレーの2つを同時に楽しめる一品です。お皿にはサフランライス、サラダも盛り付けられていて、見た目もとってもキレイです。

カレーにはこれまでのフレンチのノウハウが詰まっているのですが、たとえば「海老の方だと、海老のだしをとるところからスタートします」と掛川さん。オマール海老の頭の殻からとっただしと、ブイヤベースのもととなっているスープ・ド・ポワソンからとっただしでカレーを炊いていくのだとか。

一口いただいた渡部の感想は…。「美味しい! やっぱり甲殻の旨味がしっかり出てるから、ただの、スパイスどん! っていう感じではないですね。奥行きがあるというか」と舌鼓を打ちます。

続いて週替わりのマトンカレーは、「フレンチのポワブラードというソースがあるんですけど…白ワインと赤ワインをベースにして、それにマトンに漬けてそこからソースをとっていくんですけど、その半々に漬けたものをカレーのベースにしてあります」と掛川さん。

こちらも一口いただいた渡部は、「カレーなんだけど、奥行きがまたこれもすごくありますね。一過性の甘さ、一過性のピリ辛さではないですよね。両方とも。これはすごい!」と絶賛しました。週替わりカレーでは、キーマやイカなどのカレーもあるので、毎週行っても飽きなさそうです。

そして、お店ではそんなカレーを詰め込んだ「カレーパン」も提供しています。実はカレーよりも、カレーパンを作りたかったそう(笑)。長細くして口に入りやすいようにと、形にもこだわっています。カレーはかなり液体に近く、それを包んでいるパンがものすごくやわらかいため作り置きができないのでオーダーが入ってから作るそう。いつでも熱々がいただけるのはうれしいですね!

カレーパンは作るのに少し手間と時間がかかるそうなので、事前に電話予約をした方が良さそうです! 気になる方はぜひ足を運んでみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。