体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏風邪と冬風邪の違いは?原因を知って備えるあなたの風邪対策

夏風邪と冬風邪の違いは?原因を知って備えるあなたの風邪対策
7月に入り、気温と湿度もぐんとも高くなり、夏風邪が本格的に流行しだす気候になりました。

風邪は一年中ひく可能性はありますが、夏場と冬場の風邪ではどのような違いがあるのでしょうか?

医師に夏風邪と冬風邪の特徴を、分かりやすく解説をしていただきました。

夏風邪と冬風邪の症状の違い

風邪とは本来、咳・くしゃみ・鼻水・喉の痛みといった上気道(鼻・喉など空気の通り道のうち外に近い部位)の炎症と発熱を主にした、様々なウイルス感染症の総称です。

夏風邪と冬風邪では、感染するウイルスに違いがあります。

夏風邪

夏風邪の女性
■ 原因ウイルス

・アデノウイルス

・コクサッキーウイルス

・エンテロウイルス

など

■ 特徴

夏のウイルスは
高温多湿の環境を好みます。

夏バテで体力が落ちていたり、食欲がなくなり抵抗力が落ちているとかかりやすくなります。

夏風邪は上気道炎症状に加え、皮膚の発疹や下痢・腹痛、結膜炎などの症状が見られることがあります。

■ 感染経路

冬風邪と同様の感染経路(飛沫、接触、糞口)の他、プールでのアデノウイルスの感染が見られます。

冬風邪

冬風邪の女性
■ 原因ウイルス

・インフルエンザウイルス

・RSウイルス

・ライノウイルス

・コロナウイルス

・ノロウイルス

・ロタウイルス

■ 特徴

冬のウイルスは
低温で乾燥した環境を好みます。

また、ノロウイルスやロタウイルス胃腸風邪も冬に多い傾向があります。

体温調節がうまくできず、体が冷えてしまったり、風邪をひいている人と接する機会が多いとかかりやすくなります。

保育園や学校など集団生活の場で食事前の手洗い・うがいを励行することが予防に有効です。

■ 感染経路

・飛沫感染:咳やくしゃみのしぶきを吸い込むことによる感染

・接触感染:ドアノブなどに付着したウイルスを体内に入れて起こる

・糞口感染:便や嘔吐物の飛沫が口に入る感染で、胃腸風邪については糞口感染が多い

・空気感染:一部では乾燥した飛沫が広範囲に飛び散ることによる空気感染に近い感染例もある

子どもに多い特徴的な夏風邪

「三大夏風邪」と言われているのが、手足口病・ヘルパンギーナ・プール熱になります。

手足口病

手足口病の子ども
・原因:エンテロウイルス、コクサッキーウイルス

・症状:手・足・口を中心に白い水疱性の発疹が現れる

・潜伏期間:3~5日

・感染経路:飛沫感染、接触感染、糞口感染

・好発年齢:5歳以下の乳幼児

・注意点:主に乳幼児の間で流行することが多く、保育園などでの集団感染も見られる

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。