ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

組み合わせ1万通り以上! 自在にカスタマイズできるシューズ「Ki ecobe」が面白い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

シューズといえば、既成品の中から好みのものを選んで購入する人がほとんどだろう。6月にクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「Ki ecobe」は、これまでのそうした常識を覆すものだ。

・5つのパーツをカスタマイズ

この商品、ストラップ、インブーツ、アウトソール、インソール、そして靴ひもという5つのパーツを、自在に組み合わせて自分だけのオリジナルを作れるという「モジュラー型シューズ」。各パーツにそれぞれオプションがあるため、その組み合わせ総数は実に1万125通りに及ぶ。シューズの完成にあたって、接着剤や特別な道具は一切不要。好きなカラーをパーツごとに選んで、あとは自分で組み立てるだけだ。

・環境にも優しい設計


このKi ecobe、大きな売りの一つは環境に優しい設計ということだろう。例えばアウトソール部分が消耗したとしても、他のパーツは捨てる必要がない。アウトソールのみを交換すればよいだけだ。各パーツを複数もっておけば、TPOに応じて手軽にデザインを変えるのも楽しそうだ。用途としては、普段の外履きのみならず、室内用のスリッパとしても使える。また、インブーツ部分は洗濯機で簡単に洗濯可能なため、汚れにも強い。

シューズを自分でカスタマイズする、という発想は今までなかった斬新なアイデア。Kickstarterでは、1ヵ月近くの期間を残して目標額の3万ドル(約340万円)を余裕で達成している。男女兼用で、サイズは22cmから1cm刻みで30cmまでの9通り。今支援を行えば、早期割引として1足79ドル(約8900円、送料別途)で入手可能だ。

Ki ecobe – Customizable Self Assembled Footwear

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。