ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ペン型ボイスレコーダーはキャップを回して録音

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ペン型ボイスレコーダーはキャップを回して録音

普段から使用しているボールペンと見せかけて、じつは録音機能を備えているのがペン型ボイスレコーダー。もちろんボールペンとしても使用できるので、見た目の違和感はまったくありません。録音の開始/停止はキャップを回して行うので、ペン型ボイスレコーダーを操作しているとは思わないでしょう。

ペン型ボイスレコーダーの使い方

営業先でクライアントとの会話を記録しておきたい時に最適なのが、ベセトジャパンのペン型ボイスレコーダー「VR-P005N」です。形はボールペンそのもので、こっそりと周囲の音を録音できます。

音を感知すると自動で録音を開始する待機録音モードでは、電源オン/オフと録音/停止を繰り返し、30日間の監視が可能。8GBタイプで最大144時間分、16GBタイプで最大288時間分を録音できます。

秘匿性抜群のペン型ボイスレコーダーの使い方は、本体上部のキャップを回し、白点を黒点にすると録音開始となります。録音を停止する時は白点に戻せばOK。怪しまれることなく操作できるでしょう。

ボイスレコーダーで30日間監視

本体を回して開け、USB端子をPCに接続すると録音ファイルが表示されます。連続録音モードと自動感知モードの切り替えスイッチは、このUSB端子の根元部分に設置。連続録音モードでは約19時間、自動感知モードでは30日間監視できます。

もちろん、ペン型ボイスレコーダーは普段はボールペンとして使うことが可能。書き味は滑らかです。胸ポケットに忍ばせれば、正面にいる相手の声を効率よく録音できるでしょう。

このペン型ボイスレコーダーの使用可能時間は録音19時間、待機30日間。記録メ
ディアは内蔵メモリで、保存形式はMP3です。サイズ/重さは14.3φ×133.5Hmm/28.5g。実勢価格は8GBタイプが14,800円、16GBタイプが16,800円となっています。

関連記事リンク(外部サイト)

赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。