体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソウル】不思議な「黒いシロップ」がクセになる、隠れ家カフェのパンケーキ

【韓国・ソウル】不思議な「黒いシロップ」がクセになる「Pancake Epidemic」のパンケーキ
日本もパンケーキ屋さんが多いですが、韓国ソウルも多くのパンケーキ屋さんがあります。リコッタチーズを使ったふわふわのものや、バターミルクを使った薄いアメリカ風のものなど、それぞれのお店に特徴があり、どこに行こうか迷うくらい。

今回は、狎鴎亭(アックジョン)ロデオ近くにある、一風変わったパンケーキを出す「Pancake Epidemic(パンケーキエピデミック)」を紹介します。オープンしているのか迷ってしまうような外観で、隠れ家っぽい雰囲気もオススメのお店です。

アメリカンなインテリアがカッコイイ店内

【韓国・ソウル】不思議な「黒いシロップ」がクセになる「Pancake Epidemic」のパンケーキ
狎鴎亭ロデオから徒歩で約15分ほどの場所にある「Pancake Epidemic」。目印はこの大きなロゴです。下の階はアパレルブランドの「STUSSY」になっています。

【韓国・ソウル】不思議な「黒いシロップ」がクセになる「Pancake Epidemic」のパンケーキ
入口はこんな感じで、ちょっとお店がオープンしているのか不安になる感じ・・・。日曜日の昼間でしたが、かなり静かでした。

【韓国・ソウル】不思議な「黒いシロップ」がクセになる「Pancake Epidemic」のパンケーキ
一応、オープンはしている様子。この看板を頼りに、2階のお店に向かってみます。

【韓国・ソウル】不思議な「黒いシロップ」がクセになる「Pancake Epidemic」のパンケーキ
【韓国・ソウル】不思議な「黒いシロップ」がクセになる「Pancake Epidemic」のパンケーキ
ドアを開けると、目の前にはコーヒーを焙煎などしているブースが。ここでは美味しいコーヒーも飲めるようです。

【韓国・ソウル】不思議な「黒いシロップ」がクセになる「Pancake Epidemic」のパンケーキ
店内はかなり広々しています。剥き出しの配管と、アンティーク調のフローリングが、アメリカンっぽさを感じさせます。

【韓国・ソウル】不思議な「黒いシロップ」がクセになる「Pancake Epidemic」のパンケーキ
奥には、居心地の良さそうなゆったりしたソファー席と、大きな窓に面したテーブル席が。

【韓国・ソウル】不思議な「黒いシロップ」がクセになる「Pancake Epidemic」のパンケーキ
このお店の特等席は、ソファー席でしょうか。腰かけたら、立ち上がりたくなくなるような深めの大きなソファーです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。