体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なるほど! 濱田マサル直伝「浴衣に似合うメイク術」

なるほど! 濱田マサル直伝「浴衣に似合うメイク術」
J-WAVEで放送中の「ALL GOOD FRIDAY」(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉友)の新コーナー「TOKYO SAVVY」。それぞれのジャンルに精通した「ものしりSAVVY」が登場、東京で知っておくべきモノやコトを紹介します。7月14日(金)のオンエアでは、美容のスペシャリスト濱田マサルさんに「浴衣に似合うメイク術」を伺いました。

夏は汗が心配ですが、濱田さんいわく「ベースメークは粉っぽさが無いように薄めに。ツヤの部分が大事なので、フィニッシュの粉を少なめにするか、もしくは使わない。素肌に近い方が夜の浴衣に合います」とのこと。昼間や夕方は紫外線予防にSPF値の高い下地と、テカりやよれが気になる部分にだけ粉を使用すれば、頬などに適度なつやを残すことができます。

また浴衣のときは普段使わないような色を使っても違和感がないので、帯が赤だったら赤いリップや、オシャレ感度が高い人は赤いマスカラを下まつ毛全体に塗るなど、帯やアクセサリーをリンクさせたりするのも良いそうです。ただ、髪もメイクもてんこもりの頑張り過ぎはNG。“編み込み”や、“赤リップ”など一つポイントを決めて、あとはシンプルなメイクが良いのだそうですよ!

なお、女性同士の場合には、2つほどポイントを作って、友だちよりちょっと目立つメイクをするのもおすすめですが、男性と出かけるときはキラキラは避けて、なるべく素肌に近い方がウケがいいとのこと。さらに濱田さん、女性2人で男性との出会いを求めて遊びに行く場合には、「フジテレビの女子アナみたいな感じ」を目指すようアドバイス(笑)。「特に目立たせるがポイントなくても、好感度の高い感じ」と説明していました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ALL GOOD FRIDAY」
放送日時:毎週金曜 11時30分−16時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。