体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iOS 11対応アプリが早くも登場!AR Kitでダンスステップを習得できる「Dance Reality」が楽しそう

デジタル・IT
先月、Apple社から発表された衝撃的なニュース。iPhoneとiPadに多数の新機能を追加したiOS 11がこの秋、リリースされる。

目玉はやはり、AR(Augmented Reality) Kit。拡張現実のアプリを開発できるようにするフレームワークで、世界最大のプラットフォームになるとのこと。この機能によって、〝ポケモンGO“に代表されるような仮想世界を表現するアプリの幅が、今後どんどん広がっていくのではないか、と予測される。

その先陣を切ったのが、この「Dance Reality」だ。正式リリースは、iOS 11と合わせた秋以降。まずは、どんなアプリか、詳細を紹介していこう。

・ARでダンスのステップを表示

「Dance Reality」は、ダンスの上達を目的としたレッスンアプリだ。スマホでアプリを立ち上げると、自分のいる場所にステップを指示する足の画像が現れる。ユーザーは、その上に自分の足を重ねて、画像のとおりに動かしていく。これを繰り返すだけで、簡単にダンスのステップを習得できるようになる。

ダンスは、ソロとカップルの2パターンがあり、拍子に合わせてカウントするボイス機能も付いている。スピード調整も自由自在。曲も好きなものが選べるし、イメージトレーニング用のインストラクタービデオも視聴できる。

・秋のリリースに期待!

一度でもダンスを習った経験のある人なら、ステップの習得がどれほど難しいか、よくおわかりのことと思う。人の動きをその場で捉えるのは、口で言うほど生易しいものではない。しかし、このアプリがあれば、立ちはだかっていた障壁も楽に超えられそうだ。秋のデビューに乞うご期待!

Dance Reality

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会