体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶景】香港だから感動する「海絶景」が素晴らしすぎる件 / もっと早く知っておけば良かった!

hongkong6

皆さんは「香港」の街にどのようなイメージかあるでしょうか。美味しいグルメ、歴史ある寺院の数々、世界有数の夜景、自然あふれる大地、人によっていろいろなイメージがあると思いますが、香港が海に囲まれた美しき地形であることを忘れてはいけません。

・香港だけで楽しめる海絶景
香港には、驚くほど美しい「香港ならではの海絶景」が存在するのです。今回は、そんな香港だけで楽しめる海が見える絶景をご紹介したいと思います。大自然が織り成す絶景だけでなく、香港人が作りし海絶景もご堪能ください。

hongkong8

・香港だから感動する海絶景5選
1. 尖沙咀(チムサーチョイ)
尖沙咀は海辺にある賑やかな地域のイメージがありますが、夕方から夜にかけて、昼間とはまったく違ったファンタスティックでファビュラスな「黄昏」な海を魅せてくれます。美しいだけでなく心の奥底に響く是系がそこにあります。

香港の街をたっぷりと楽しんだあとは、チムサーチョイで心の琴線に触れる夕暮れを楽しんでみてはいかがでしょうか。日中に涼しさを感じたいときは、ザ・ペニンシュラ香港やホテルニッコー香港をはじめ、ショッピングモールが多数あるので、それらのラウンジやカフェで「涼」を得ることができます。夕方は気持ちいい風に吹かれながら散歩するのも優雅ですよ。

hongkong5

2. Ha Pak Nai(ハバナイ)
どこまで続いていそうな浅瀬。ここは香港のなかでも欠かせないサンセットスポットとして、たくさんの現地人が訪れる絶景地となっています。浅瀬はあらゆる奇妙な地形をしており、岩場、砂場、杭、植物が生えている浅瀬など、あらゆる風景で楽しませてくれます。

ここを訪れる際は、足の汚れを気にしていては楽しめません。シューズや革靴、ハイヒールなどは避け、底が厚いサンダルで行くことを推奨します。浅瀬では必ず濡れますし、砂利や岩などでケガをしないようにしましよう。

hongkong4

3. Sai Wan Swimming Shed(西環泳棚)
Sai Wan Swimming Shedは香港島の西端にある絶景スポットで、街の中心部から遠く離れている事もあり、とても長閑で心も落ち着く場所です。海の向こうには青洲と呼ばれている島があり、夕焼けの美しさに拍車をかけます。

サンセットタイムに漁船が現れれば、まさに映画のワンシーンのよう。ここは香港なのに、日本の美しき漁村の風景が頭に浮かびます。ちなみにここ、昼間は衝撃を受けるほど透明度の高い美しいブルーの海が広がっています。時間が許せば、昼間と夕方のSai Wan Swimming Shedを堪能してみてはいかが?

hongkong3

4. Repulse Bay(レパルスベイ)
ビーチに行きたいけれどゆったりできる長閑な場所が良いな、という人にはRepulse Bayがオススメです。ここはハリウッド映画「慕情」の舞台にもなった絶景地で、地形が弓のように弧を描いているのが特徴。

1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。