体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

停電の備えに! iClever のソーラー充電器は持ち運び便利なノートサイズ

いつでもどこでもスマホという生活に慣れていると、電池切れで使えなくなったときかなりの不便を感じる。

単なるバッテリー切れならまだしも、もし災害などによる停電で充電できなければ、情報を収集したいのに肝心な時に使えない!となってしまう。

今回紹介する海外発のiCleverソーラー充電器はそんなシーンで活躍する。ソーラーパネルで発電し、8000mAhものバッテリーに蓄電できる。

・スマホを2~3回フル充電

外観は、カバーをかけたノートまたはタブレット端末といった感じ。雑誌よりも一回り小さいくらいで、ファブリックのカバーを開くと両面にソーラーパネルがある。

これを陽の当たるところに置いておくだけで太陽光を電気に変換し、内蔵バッテリーに蓄電する。

バッテリーの容量は8000mAh。太陽光でフル充電するには約8時間かかる。しかし容量がこれだけあればスマホを2~3回フル充電できる。

・アウトドアでも重宝

災害時に活躍するとしたが、もちろん日常使いもOKだ。普段から日当たりのいいところにおいて発電・蓄電すれば、環境にも懐にも優しい。

また、防水防塵仕様となっているので、キャンプなどアウトドアのお供にも最適。出かける前に急いでバッテリーをフルにしておきたいときのためにコンセントでの充電も可能となっている。

iCleverソーラー充電器は日本ではAmazonで入手できる。価格は6999円。これからのアウトドアシーズンで活用しつつ、いつおこるかわからない停電に備えてはいかがだろうか。

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会