ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

涼やか〜! 「花火」をイメージした音楽を厳選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

涼やか〜! 「花火」をイメージした音楽を厳選
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING CLASSIC」。7月と8月は花火大会のハイシーズンです。そこで、今週は、花火をイメージするクラシックを、日本クラシックソムリエ協会・代表理事の田中泰さんがセレクト。

7月13日(木)のオンエアでは、ヨハン・シュトラウス2世のポルカ、「雷鳴と電光」をお届けしました。

「1868年に作曲されたこの曲のスピード感は格別。ティンパニの連打で描かれる雷鳴と、シンバルのクラッシュによる稲光りは、花火の音にも通じるものがあるような気がします」と田中さん。放送では、カルロス・クライバー指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏でお届けしました。

なお、今週は

10日(月)は、チャールズ・マッケラス指揮、オリジナル管楽合奏団の演奏で、ヘンデル作曲の「王宮の花火の音楽」から、花火と大砲の音が入ったゴージャスな「メヌエット」

11日(火)は、クリスチャン・ツィメルマンのピアノで、ドビュッシー作曲の前奏曲集第2巻から「花火」

12日(水)は、エリック・カンゼル指揮、シンシナティ・ポップス・オーケストラの演奏で、チャイコフスキー作曲の大序曲「1812年」

以上をお聴きいただきました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。