体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

川谷絵音「戻りたいけど戻れないから美しい」

エンタメ

川谷絵音「戻りたいけど戻れないから美しい」
J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。木曜はいきものがかりの水野良樹とお送りしています。7月13日(木)のオンエアでは、indigo la Endをお迎えしました。

indigo la Endは、ニューアルバム「Crying End Roll」を前日にリリースしたばかり。リリース日にTSUTAYAに行ったところ、店員さんが気付き、気を使ってindigo la Endの曲を流してくれたそうで「恥ずかしくなって、出てきちゃいました(笑)」と語りました。

まずは、「Crying End Roll」のタイトルについてお聞きしました。

川谷:映画でもエンドロールは大事なのに、席を立つ人もいるじゃないですか。頑張っているところも聴いてほしいというか、見逃してしまいそうなところも力を入れて作っているので、隅々まで泣きながら聴いてほしいと思って。
藤田:アルバムのタイトルは、どのようにして決めてますか?
川谷:アルバムは最初にタイトルを決めてます。前作もタイトルを決めて、そこから引っ張られる内容にしました。アルバムタイトルだけではなくて、曲名も全て先に決めます。
水野:面白い! 僕はタイトルだけを決めていく…っていうのはないですね。ちょっと書き始めてからイメージが湧くっていうのはありますけど。

珍しい方法に藤田も水野も感心していました。曲を作っている時は、タイトルを他のメンバーに教えないこともあるそうです。

さらに、番組でもオススメしている曲「プレイバック」についてお聞きしました。

川谷:タイトルとサビだけ先にあって、それをレコーディングの前日にメンバーに送りました。本当はレコーディングをする予定ではなかったけど、俺が急にレコーディングしたくなって…。曲はドラムのフレーズから作っていって、まずはドラムだけをレコーディングして、それから楽器を重ねていきました。
水野:“オケ先”ですか?
川谷:基本的にオケ先です。オケから作って歌を収録する前に歌詞を書いて、そのままブースで歌ったりします。
水野:面白い!
川谷:メンバーは、最後まで歌が分からないまま演奏します。
水野:逆に「このオケじゃないな」って思うことはないですか?
川谷:そう思ったら歌を合わせます。
藤田:「プレイバック」から、どういうシーンにもっていこうと?
川谷:最初は山口百恵さんが頭に浮かんだけど、「そういう世界観じゃないな」と思って、自分なりの「プレイバック」ってなんだろうと思って、“戻りたいけど戻れないから美しい”というのをテーマに書きました。「戻りたい」とか、過去を悔いる気持ちはあるんですけど、戻れないからこそ良いところもある、というか。
藤田:でも、そこで「前に向かって歩いていこう」という感じの歌詞には落とし込まないよね。
川谷:僕が暗いので(笑)。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会