体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LineageOSでアプリの起動にロックをかけてプライベートな情報の流出を防止する方法

CyanogenMod をベースにしたカスタム ROM 「LineageOS」において特定アプリの起動にロックをかけて保護する方法を紹介します。LineageOS では、アプリを起動する際にロック画面のようにロックパターンまたは指紋の認証を設定することができ、ファイル管理アプリや写真ギャラリーアプリなどプライベートな情報を含むアプリが誰かに開かれることを防止できます。制限はほぼ全てのアプリに設定できるので、システム設定メニューに制限をかけると勝手に端末の設定を変更されることをも防止できます。STEP1 : システム設定メニューの「プライバシー」→「アプリの保護」をタップします。STEP2 : 最初に利用する場合はロックパターンを設定します。STEP3 : インストール済みアプリの一覧から起動ロックを設定するアプリにチェックを入れます。設定は以上です。これでロックを設定したアプリを起動すると認証解除要求の通知が表示されるので、設定したパターンを入力するか、指紋認証が有効の場合には指紋リーダーに指を置き認証すると、アプリを起動できるようになります。

■関連記事
EtorenでLG G6+の販売が開始
ASUS、ZenFone 3 Ultraを1万円値下げ
Sony Mobile、Android 8.0を搭載した「G8441」を開発中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。