体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

完成作品も公開中! SMILE GAME BUILDERで楽しむゲーム制作 第7回:坂本昌一郎『たそがれのひ』①

※本記事は、1月7日より開始した「SMILE GAME BUILDER」制作実演の連載です。

フリーゲーム作者による「SMILE GAME BUILDER」制作実演連載が開始 完成作はダウンロードして遊べる!

Qpic『スーパーフックガール外伝』 制作連載 1/ 2 / 3 / 完成作品ダウンロード
カナヲ『虚毒ノ夢』制作連載 1 / 2 / 3 / 完成作品ダウンロード

 
こんにちは!「SMILE GAME BUILDER」制作実演連載・第三回担当の坂本昌一郎です。

17年ほどゲーム音楽作曲家として活動しつつ、インディーレーベル「sound sepher」を主催しています。作曲家としての代表作はPS4「アスタブリード」、アニメ「11eyes」など。

近年はゲーム制作もはじめまして、現在は”童話”や”物語”を題材にしたRPG「箱庭セレナータ」を鋭意開発中です。こちらでは、ゲームデザイン・シナリオ・ドット絵・UIデザイン・プログラミング・BGM・効果音を担当しています。体験版もありますので、ぜひ遊んでみてくださいね。

image6
 
さて、今回は実演連載第一回・第二回とは趣向を変えましょう! 私の連載は、より「ゲームを作りたい方」に向けたものにします。まずゲームの完成品を実際に遊んで頂いたあと、ここではこういう意図を込めた……実際に組み込む際にどうしたのか……テストプレイの反応からこう修正した……といった開発秘話を次回以降に解説していく予定です。

マルチバッドエンドRPG「たそがれのひ」リリース!

公開ゲームは「たそがれのひ」。主人公の少年「セロ」が”約束された世界のたそがれ”……世界の終末に、どう関わっていくかを描いたマルチバッドエンドRPGです。
この世界は過去に”大災害”と呼ばれる大きな災厄に遭遇しました。人類は当時なにがあったのかをほとんど覚えていません。わかっていることは、”大災害”の影響で大きな海の亀裂と大きな壁によってへだてられた、”内側”と呼ばれる世界に閉じ込められている――ということです。

image3
 
主人公「セロ」の両親は、閉じた世界の謎を解明しようとする「歴史研究家」たちのトップに立つ、”教授”と呼ばれる高名な学者「レベック」と「シターン」。彼らは、ついに”壁の向こう側”へ行く方法を突き止め、いざ向かおう――といったところからゲームはスタートします。

image5
 
しかし、彼らは”壁の向こう側”から帰りませんでした。セロの目標は、行方不明になった両親を探しに”壁の向こう側”へ向かうこと。そんなある日。自らを”時代も場所も次元さえも問わず、あらゆる物語を集めさまようもの”と名乗る少女「シャルロット・ペロー」と出会ったところからセロの運命の歯車は大きく回り始めます。さあ、プレイヤーである貴方とセロは、どんな終末を選ぶのでしょうか?
image1

3D要素はとことん演出用途に!

やりたかったことは「冒険」「プレイヤーごとにプレイ体験が変わるRPG」「バッドエンド」。短編でどこまで詰め込めるかに挑戦しました。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。