ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ニューヨーク・ガバナーズ島で店舗にもなるモバイルワークステーション「MIU」の導入を検討中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ガバナーズ島は、マンハッタン島南端から1キロほど離れた場所にある広大な島。長い間軍事基地として使用されたが、2000年代初頭に公共公園に生まれ変わった。今は、夏季限定のレクリエーションスポットとして大人気。ピクニックやイベントを満喫しに、毎年大勢の人が島を訪れている。

ニューヨーク市は近い将来、このガバナーズ島を、もっと大きなレジャーアイランドに進化させるつもりだ。現在は、自由の女神を一望できる見晴らしの丘を建設中。工事はこの先、まだまだ進んでいく予定だ。

・ソーラーパネル、Wi-Fi、折り畳み式シート付きの屋外ワークステーション

ブルックリンを本拠地とする建築デザイン会社STUDIO KCAが考案した「The Mobile Information Unit (MIU)」も、その活性化計画の一環。車輪付きのこのテントは、ソーラーパネルの屋根、Wi-Fi、折り畳み式シートを備え、駐車すると屋外ワークステーショに早変わりする。

屋根から集めた太陽光は、デバイスの充電にも利用可能。夜間には、LEDライトをつけることもできる。ステレオや救急箱、水の保管スペースも確保してあるし、移動も楽チン。店舗やイベント用の休憩所など、さまざまな用途に活用できる。

・導入は1年半後!?

「MIU」の目的は、島内の随所で、気軽にショップを開けるようにすること。時間や場所を問わず、電力と情報を供給する役割も果たす。コンサートやフェスティバルなど、群衆が大移動するイベントでも、大いに活躍するだろう。

早速今夏からと思いきや、残念ながらそれは難しい様子。開発元によると、「MIU」が製品として対応できるようになるまで、少なくとも1年半はかかるとのこと。島内でその姿が拝めるのは、まだまだ先の話らしい。

The Mobile Information Unit (MIU)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。