ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。

ペルーと聞いてまず思い浮かべるのは「マチュ・ピチュ」。でも、行ったことがない私には、他にどんな観光地があるかと問われると、う〜んと、斜め上を見るしかなくなる。

でもだからこそ、目的地に向かう移動中も現地を堪能できるという、南米初のこの豪華寝台列車「Belmond Andean Explorer」に惹かれてしまったのだ。

五感で楽しむペルー

どうやらこの寝台列車の特徴のひとつは、ペルーの文化を盛り込んだ内装にあるようだ。以下の写真からもそれが伝わってくるはず。南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。

鮮やかな色使いやアルパカウール、どれも国内産の織物が使われている。自然豊かなこの国を喚起させるアイデアは食事にも。アルパカの肉詰めトルテリーニなど、伝統的なメニューもあるらしい。南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。

こちらは列車最後尾に設けられたテラス。乗客同士が交流できるハブをイメージしてつくられたそうだ。

お酒を飲みながらテラスへ出れば、ラテンのリズムに腰が動いてしまうかも。誰よりも早く起きて一人だけのテラスを満喫してみたい。思いきり深呼吸すれば、ペルーの壮大な景色が心の奥底まで染み込んでいくに違いない。

世界遺産やアンデス山脈まで
お得感たっぷりの旅

列車が走るルートは2つ。世界遺産にもなっているクスコからプーノまでや、クスコからチチカカ湖を経てペルー第二の都市アレキパまでのものがある。アンデスの山々を横目に疾走する旅。日本の鉄道旅ともひと味違う、大自然のパノラマが待っている。

夏休み目的地の候補に、今からでも間に合うかも。南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。南米初の豪華寝台列車で「デジタルデトックス」の旅へ。Licensed material used with permission by Belmond

関連記事リンク(外部サイト)

あこがれの豪華列車には「スパ」がありました!
【リマ】新旧が共存する南米の街、リマ。歴史ある都市で、伝統に触れる
今すぐチケットが取れる「観光列車7選」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。