ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

子育てに楽はない。母の言葉を胸に、我が子たちを盛り上げる合コン相づち作戦 by もものしか

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
子育てに楽はない。母の言葉を胸に、我が子たちを盛り上げる合コン相づち作戦 by もものしか

こんにちは、もものしかです。 前回エピソード:雨上がりの空をみて「おかあちゃん、ひじが出てる!」母がたじろぐ3歳児の言い間違い by もものしか

季節は夏まっさかり。

今年新入生のお子さん達も、すっかり新生活に慣れたことと思います。

我が家の長男タローも、今年4月に幼稚園に入園したのですが、気になることがでてきました。

幼稚園に通う前は…

f:id:akasuguedi:20170706053140j:plain

こんなに優しいタローに、集団生活ができるのかと不安なぐらいでした。

それが入園してからというもの…

f:id:akasuguedi:20170706053154j:plain

我が子の、あまりの変貌ぶり。

優しい我が子はどこへ?

何度注意してもやめるどころか、エスカレートするばかりのタローに、怒りまくる日々。

初めての集団生活で、ストレスもあって、弟にやつあたりしているのかなと、軽く考えていた、そんなある日の朝。

「もう幼稚園、行きたくない。」

もしかして、幼稚園で何か…

私は、目が回りそうな忙しい朝に手を止めて、タローに話を聞きました。

「なぜ幼稚園に行きたくないの?」

この答えは、驚くほど単純なものでした。

f:id:akasuguedi:20170706053207j:plain

私は、ハッとしました。

幼稚園で何かあったんじゃない。

幼稚園に行きたくないのは、制服がうまく着れずにイライラしているタローを怒る〈私〉が原因だったのです。

思い返せば、私も初めてのことだらけの幼稚園で、不安やイライラの気持ちが積み重なって、気付かないうちに普段は怒らない様な些細なことで、タローを怒っていました。

お母さんのいない空間、ブカブカの制服、友だちとのケンカ…

初めてのことだらけで不安なのはタローの方。

“おうちではお母さんに甘えたい。しんどい。助けてよ”のサインが出ていることに気づくこともしてあげれず、さらには〈私〉自身が原因となってしまっていたことに、とても反省しました。

そして、気づいたことがありました。

〈怒るのは簡単〉だということ。

大声で怒れば、一瞬で解決。子供もその場は手っ取り早く言うことを聞いてくれるし、子供にどうやって伝えたらわかってくれるかなんて考えなくていい。

でも、これじゃあ何も解決していません。

そこで私は、どこかで見た〈子供のいいところに目を向ける〉というのを思い出しました。

そうだ!これは自己啓発セミナーだ!

行ったことないけど。本来私は究極のマイナス思考だけど。

なりきるのだ!タローの自己啓発セミナーの講師に!名物カリスマ講師の座をつかみ取る!いっそ、非常勤講師でもいい。

そこからは、不自然なぐらいタローを褒めました。

f:id:akasuguedi:20170706053220j:plain f:id:akasuguedi:20170706053231j:plain

〈出来る喜びを分からせる〉〈いいところだけを口にする〉〈絶対大声で怒らない〉の三本の矢に、《さすが!すごい!かしこい!》の合コンばりの〈相づち三種の神器〉を携えて、自分の感情と戦い、我が子と向き合いました。

すると驚くことに、少しずつ状況に変化が。

もちろんケンカはしますが、いままでより格段と減り、制服もほとんど自分で着れるようになってきたのです。

全てが、自己啓発セミナー非常勤講師による合コン相づち作戦のおかげとは思いません。

色んなことの積み重ねや、偶然もあったんだとおもいますが、何より、タローが自分の力で少しずつ変わってくれたことに感謝です。

《簡単な子育てしてると、それだけの子にしかならないよ。子供にはいつも真剣に向き合いなさい。子育てに楽はないんだから。》

母の言葉が、胸にしみた出来事でした。

この言葉をむねに刻み、セミナー…じゃない我が子達を盛り上げていきたいと思います。

f:id:akasuguedi:20170706053248j:plain

たまに嫌がらますが、これもご愛嬌。 関連記事:「早くしなさい!」「早くして!」の連呼から脱出したい…!試行中の我が家の工夫 by ゆむい

f:id:akasuguedi:20170216051813j:plain

著者:もものしか

年齢:肌年齢47歳

子どもの年齢:3歳と1歳

先立って紹介することが何もない、ただの主婦です。色ぬりが苦手で、サザエの内臓のような色合いの絵になってしまいます。

instagram:【もものしか】

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤ちゃんの成長に応じてどんどん変わる!2人育児中の我が家のお風呂事情
赤ちゃんの綺麗な肌を守りたい! スキンケアを嫌がる息子に、私が編み出した大作戦
やばい!顔がお湯につかってる!夫がトラウマになった赤ちゃんの沐浴

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。