ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

妊娠期には歯茎が腫れやすい!? 女性ホルモンと歯周病の意外な関係

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
120404teeth01.jpg

みなさん、は大事にしてますか?
歯を大事にすることは人生の楽しみを大事にすることでもあるかもしれませんよ。
オーラルケアに自信がある人や、女性全般に是非知っていてほしい情報を見つけました。
突然ですが、歯周病ってご存知ですか?
歯の磨き残しがあると歯茎を蝕み(歯肉炎の段階)、歯を支えきれなくなった歯茎から歯がポロリと落ちてしまう歯周病。加齢臭に近い口臭を放つので歯周病は老化現象と認識してる人もいますが、実は歯の磨き残しが招くものなのです。
そんな歯周病ですが、実は女性ホルモンと密接に関係しているのだそうです。
 
え? 歯周病と女性ホルモン? 意外な組み合わせですが、その理由がウェブサイト「+Wellness」のドクター連載コラムにて解説されてました。

「歯周病菌の中には、女性ホルモンを栄養源として繁殖する菌がいるのです。ですから、女性ホルモンの変化によっても、女性は歯周病にかかりやすい時期があるのです」

女性ホルモンは歯周病に関係するどころか、むしろ栄養源そのもの。
女性は初潮・妊娠・出産、そして更年期と、女性ホルモンが人生の節目で大きく変動するものですよね。歯周病が女の人生についてまわるものだったとは。女性は気にかけなければいけませんね。
その中でも特に妊娠期はいろいろなリスクが考えられるそうです。
女性ホルモンが増える妊娠中は歯周病菌が大あばれすること受け合いです。歯周病菌も異常に増殖し、歯茎がひどく腫れやすくなります。
しかも、つわり気味のためなかなか満足にオーラルケアを実行できないことも大きな原因だとか。親知らずは生え方に本当に個人差がありますが、歯周病菌の増殖中は歯茎が腫れやすくなるかも。手術に近い治療をすることもあるので妊娠中はそのようなストレスとリスク、負いたくありません!
また他にも不安材料が……

「なお、歯周病の妊婦さんは、赤ちゃんが早産や低体重児で生まれるリスクが通常の7.5倍にも増えるという報告があります」

これは大変驚きです。歯の健康を脅かすだけでなくそこまで影響があるなんて。これは妊娠を計画されてる女性や結婚を考えている女性は念頭に入れておいた方がいいですね。
photo by Thinkstock/Getty Images
+Wellness ドクター連載コラム
(スピたま)


(マイスピ)記事関連リンク
春を快適に過ごす秘訣は栄養摂取にあり! 花粉症に打ち勝つ簡単レシピ
生命の源である海から無限の力を引き出してくれる「タラソテラピー」
春先の楽しい鼻歌ライフをサポートする鼻歌検索アプリ「SoundHound」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。