体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

放課後プリンセス、TSUTAYA O-EASTワンマンでメンバー・舞花の誕生日をお祝い

放課後プリンセス、TSUTAYA O-EASTワンマンでメンバー・舞花の誕生日をお祝い

放課後16時を境にカチューシャはティアラ、制服はドレスに変わり、プリンセスに変身!時計仕掛けの学園アイドル放課後プリンセスが7月12日、東京・TSUTAYA O-EASTにてワンマンライブ「放課後プリンセスライブ2017 “Princess Serenade 〜My Song For You〜”」を開催した。

放課後プリンセスは童話や説話、そして史実上の様々なプリンセスストーリーを作品で表現しながら活動しているガールズグループで、その楽曲・衣装・パフォーマンスの世界観が一体となるライブは、彼女達の真価が発揮される場である。これまでシンデレラ、白雪姫、フランス王妃マリー・アントワネット、人魚姫、映画『ローマの休日』アン王女、楊貴妃…と変身してきた放課後プリンセスだが、7月19日に発売される最新シングル「さよならデュアリーナ」では、バレエ演目「白鳥の湖」に登場する“オデット姫”をテーマに取り上げた。シングルの発売記念ライブである今回のステージには、白いジョーゼット幕のドレープが揺らぎ、幾本ものギリシャ柱がそびえ立つ。“Princess Serenade”というライブタイトルを彷彿とさせる、真夏の夜の宮殿のイメージだ。

満員の会場に古時計の秒針の音、そして煌びやかな鐘の音が鳴り響くと、7人のプリンセスが住む城の執事がナレーションを始める。「奈々姫、舞花姫、みらん姫に沙織姫、ひまり姫、ささら姫、まゆみ姫は、今夜を心待ちにしておられました!」とライブのイントロダクションが切り出されると、客席からは大歓声が。一夜限りの夢の時間のスタートだ。

1曲目は「青春マーメイド」。ライブ当日の12日に誕生日を迎えた、今夜の主役であるメンバー、舞花が初めてメインボーカルをつとめたシングルで幕を開ける。

切ない恋の伝説を残す“人魚姫”が自分の運命に立ち向かい、奇跡を起こす様子を紡いだ楽曲だ。歌い上げる舞花の声を合図に、人魚の尾ひれをイメージしたエメラルドグリーンのシフォンスカートをメンバーが一斉に宙に投げ出すと、悲恋の人魚姫が一変。尾ひれは足に変わり、“人魚”の姿から愛を掴んだ“人間”の姿に変身した。

2曲目、3曲目もヒットシングルでスタートダッシュを畳み掛ける。今日のライブのために特別に用意された、1stシングル「消えて、白雪姫」と2ndシングル「純白アントワネット」のメドレー、そして強い意思と覚悟を歌う中国のプリンセス“楊貴妃”をテーマにした「ライチレッドの運命」を続けて披露し、客席はヒートアップ。

リーダーの小田桐奈々は「熱いですね〜!今日は、来週発売するシングル『さよならデュアリーナ』と舞花のお誕生日を、ファンの皆さんと一緒に盛り上げたいと思います!」と意気込みを語った。

MCが明けると、メンバーカラーである紫色の花をふんだんにあしらったミニドレス姿の舞花がソロで登場。ギター・キーボードと共に、バンド編成で届ける幻想的なアコースティックタイムが始まった。舞花が幼い頃から「夢を持って、それを叶えたいと思いながらいつも聴いていた」という「星に願いを」「A Whole New World」を順に披露、会場全体を一気に魅了する。続いてのカバー曲では、夏の名曲「夏の終わりのハーモニー」をセレクト。客席から歓喜の声が上がる中「今夜が夏の一番の思い出になりますように」と舞花が語ったとおり切なく甘い歌声が胸を打ち、集まったファンにとって忘れられない夜が演出された。

舞花がバンドメンバーを送り出そうとしたところで、サプライズが。バンドメンバーが放課後プリンセスのバースデーソング「超HAPPY BIRTHDAY」のイントロを生演奏し始めると、ステージ袖から他のメンバーが舞花の元に駆け寄り、「舞花、お誕生日おめでとう!」と口々に声をかける。小田桐が客席に向かって「一緒に舞花をお祝いしましょう!」と呼びかけ、会場のファンと一緒に大合唱、舞花の誕生日を歌でお祝いすることになった。舞花は心底驚いた様子を見せ、「私に秘密で考えてくれていたの?!生演奏の「超HAPPY BIRTHDAY」をファンの皆さんに一緒に歌っていただけて本当に嬉しいです!ありがとう!」と喜びを見せた。舞花はその感謝の気持ちを、続いて披露する自身が作詞したソロ曲「My love song」で爆発させ、客席は舞花のビッグバラードに酔いしれた。

その後ステージから白鳥の湖「情景」の旋律が流れ出すと、湖のほとりで語られる執事のナレーションに合わせ、メンバーがひとりずつ登場。いよいよ、このライブのクライマックスである楽曲「さよならデュアリーナ」の披露となる。小田桐奈々・木月沙織・城崎ひまり・小島まゆみは白鳥、舞花・山口みらん・関根ささらは黒鳥の衣装に身を包み、「白」と「黒」、ふたつの気持ちの間で揺れ動く女の子の心を描いていく。音域が広く、キーのトップがGという舞花の圧倒的な歌唱力と、一瞬で行われる白と黒の衣装の反転は、一見の価値あり。小田桐と関根が歌うエモーショナルなDメロで白鳥は黒鳥へと変身し、一度、メンバー全員が黒い衣装で黒鳥に扮する。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。