ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

乃木坂46の18thシングル『逃げ水』は自身初のトリプル・タイアップ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
乃木坂46の18thシングル『逃げ水』は自身初のトリプル・タイアップ

 乃木坂46が8月9日にリリースする18thシングルの収録内容が明らかとなった。表題曲のタイトルは「逃げ水」とのことだ。

 本作は、ミリオン・セールスを突破した前作シングル『インフルエンサー』に続く、自身通算18作目のシングル。その表題曲のタイトルに決定した“逃げ水”とは、アスファルトに浮かぶ蜃気楼のことを示す言葉だそうだ。なお、この曲の選抜メンバーが先日放送されたレギュラー番組『乃木坂工事中』にて発表され、3期生の大園桃子と与田祐希がWセンターを務めることが明らかとなっている。

 また、カップリングに収録される「女は一人じゃ眠れない」は8月25日に全国ロードショーとなる映画『ワンダーウーマン』のイメージ・ソング、「ひと夏の長さより…」は『お台場みんなの夢大陸2017』のテーマ・ソング、「泣いたっていいじゃないか?」は日本テレビ『ライオンスペシャル 第37回 全国高等学校クイズ選手権』応援ソングにそれぞれ起用されることも分かった。シングルがトリプル・タイアップとなるのは自身初のこと。

 さらに、2ndアルバム『それぞれの椅子』収録の「かき氷の片想い」以来約1年2か月ぶりとなる2期生メンバー楽曲「ライブ神」、「三番目の風」「思い出ファースト」に続く3期生メンバー楽曲「未来の答え」、そして、18thシングルのアンダー・メンバーが歌唱する楽曲「アンダー」の収録も決まっている。

 シングル『逃げ水』は、初回仕様限定盤Type-A~Dに通常盤を加えた全5形態で8月9日にリリース。

◎リリース情報
New Single『逃げ水』
2017/08/09 RELEASE
<初回仕様限定盤 Type-A>
SRCL-9489~9490 / 1,650円(tax in.)
[CD]
1. 逃げ水
2. 女は一人じゃ眠れない
3. ひと夏の長さより…
4. 逃げ水 ~off vocal ver.~
5. 女は一人じゃ眠れない ~off vocal ver.~
6. ひと夏の長さより… ~off vocal ver.~
[DVD]
「逃げ水」Music Video
「女は一人じゃ眠れない」Music Video
ほか

<初回仕様限定盤 Type-B>
SRCL-9491~9492 / 1,650円(tax in.)
[CD]
1. 逃げ水
2. 女は一人じゃ眠れない
3. アンダー
4. 逃げ水 ~off vocal ver.~
5. 女は一人じゃ眠れない ~off vocal ver.~
6. アンダー ~off vocal ver.~
[DVD]
「逃げ水」Music Video
「アンダー」Music Video
ほか

<初回仕様限定盤 Type-C>
SRCL-9493~9494 / 1,650円(tax in.)
[CD]
1. 逃げ水
2. 女は一人じゃ眠れない
3. ライブ神
4. 逃げ水 ~off vocal ver.~
5. 女は一人じゃ眠れない ~off vocal ver.~
6. ライブ神 ~off vocal ver.~
[DVD]
「逃げ水」Music Video
「ライブ神」Music Video
ほか

<初回仕様限定盤 Type-D>
SRCL-9495~9496 / 1,650円(tax in.)
[CD]
1. 逃げ水
2. 女は一人し?ゃ眠れない
3. 未来の答え
4. 逃げ水 ~off vocal ver.~
5. 女は一人し?ゃ眠れない ~off vocal ver.~
6. 未来の答え ~off vocal ver.~
[DVD]
「逃げ水」Music Video
「未来の答え」Music Video
ほか

<通常盤>
SRCL-9497 / 1,050円(tax in.)
[CD]
1. 逃げ水
2. 女は一人じゃ眠れない
3. 泣いたっていいじゃないか?
4. 逃げ水 ~off vocal ver.~
5. 女は一人じゃ眠れない ~off vocal ver.~
6. 泣いたっていいじゃないか? ~off vocal ver.~

関連記事リンク(外部サイト)

乃木坂46・西野七瀬の主演映画『あさひなぐ』の予告&ポスター解禁
乃木坂46、映画『ワンダーウーマン』公式アンバサダー就任&イメージソングを担当
乃木坂46による新CMの撮影レポート到着、メンバーの○○はうたた寝しちゃいマウス!?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。