体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“これからも走り続けます!”THE 夏の魔物、渋谷WWWワンマンでツアー・ファイナル大成功 「バズリズム」出演も決定―OTOTOYライヴレポ

“これからも走り続けます!”THE 夏の魔物、渋谷WWWワンマンでツアー・ファイナル大成功 「バズリズム」出演も決定―OTOTOYライヴレポ

7月12日(水)渋谷WWWにて、THE 夏の魔物がのワンマン・ライヴ「シン・マモノボンバイ エ TOUR FINAL」が行われ、集まった魔物チルドレンを前に真っ白な灰 になるような激しいライヴを見せた。

この日のライヴは、同日にVAPよりメジャーリリースされた『シ ン・ マモノボンバイエ EP』発売に先駆けて名古屋・大阪で行われたツアーのファイナル 公演。

ステージバックドロップには「THE 夏の魔物」の大きなロゴが掲げられ、開演前のBGMには忌野清志 郎Little Screaming Revue「人間のクズ」忌野清志郎「世間知らず」フラワーカン パニーズ「深夜高速」ユニコーン「すばらしい日々」泉谷しげる「 春夏秋冬」といった、なにやら心境を伺わせるBGMが流れていた 。

色とりどりのペンライトがWWWの広いフロアを埋め尽くす中、S Eのザ・ハイロウズ「Too Late To Die」に乗って、まずはシン・マモノ BANDのメンバーがステージへ。越川和磨(Gt.)
えらめぐみ(Ba)中畑大樹(Dr. / syrup16g)ハジメタル(Key)という鉄壁の4人編成。 中畑の激しいドラムに合わせて号砲一発、バンドが一斉に音を鳴ら すと、大歓声に迎えられて成田大致、大内雷電、 アントーニオ本多、泉茉里、鏡るびい、麻宮みずほがステージに上 がる。決戦の舞台に上がるかのようにその表情は張り詰めたものを 感じさせた。「ツアー・ファイナル、盛り上がって行くぞー!」と の茉里の第一声から、「バイバイトレイン」でライヴがスタートす ると、待ちわびた魔物チルドレンは一斉にペンライトを振りながら シンガロング。「ペンライトをふれるロックンロールバンド」とい うキャッチフレーズそのままの光景が広がる様は圧巻で、「リング の魔物」「SUNSET HEART ATTACK」とハイテンションなロック・チューンを3連発してあっという間に観客の心を鷲掴みにしてみせた。

ガールズ3人がセンターに集まるとみずほがゆっくりと歌いだし、 クールダウンかと思いきや、とたんに豹変すると「RNRッッッ! !!」で暴れ出した。裏メロのように激しく動き回るえらのベース ・ラインも興奮を煽る。茉里が下がり、みずほ、るびいの2人で「 マモノ・アラウンド・ザ・ワールド」を初披露。ロックワードを散 りばめた楽曲で、活き活きと動き回りスクリームする、るびいの真 骨頂を見ることができる楽曲だ。熱狂的にペンライトを振る客席を 、ハジメタルがステージ前に出てきてさらに煽るシーンも。続いて ハジメタルが弾く繊細なタッチのピアノが奏でられる。みずほがソ ロで歌うこの日初披露の「ハジメまして」だ。息遣いまで伝わって くる歌声に、静まり返って聴き入る観客たち。その中を隅々まで声 を響かせたみずほは、歌い終わるとホッとしたような笑顔を見せていた。

入れ替わりで茉里がステージに上がり、高橋久美子が作詞を手がけた「わたし」を情感たっぷりに。体全身を使い見事な歌唱で自分らしさを表現した。中盤のコーナーは女子メンバーの成長ぶりを如実に表していたと共に、新作EPの充実ぶりも物語ったものとなっていた。

再びメンバー全員が集まり、「爆裂レボリューション」へ。「かかってこいやー!」と挑発する成田の目つきが尋常ではないほどギラギラしている。「ここからは魔物チルドレンのみんなが歌ってくれますか!?」と呼びかけてサビを魔物チルドレンが合唱する場面もあり、多くのファンに支えられてステージに立っていることを確認しているかのようだった。完全無欠のライヴ・アンセム「東京妄想フォーエバーヤング」で会場の盛り上がりはさらに加速する。ソロ・パートをるびいが驚異的なハイトーンで歌い上げる。4つ打ちのリズムに合わせて高揚する曲展開で会場が一体となった。

ここで成田がMCを。ライヴ前、会場前まで来たものの、プレッシャーから衣装を置いて一旦帰宅してしまったのだという。その後会場に戻ってくると最高の音が鳴っていた、メンバー誰一人欠けてもこの作品は作れなかったし、この光景は見れなかったと、赤裸々に自らの心境を吐露する成田。これだけのメンバーを束ねて作品を創りライヴをすることの重さとそれを乗り越えて脚光を浴びることのすごさを感じさせる一幕だった。MCに続いて歌われたのはロッカバラード「over the hill」。ハジメタルのノスタルジックなオルガン・ソロを経て、落ちサビで越川のアルペジオから徐々にバンドがエンディングへ向かい、6人の声と魔物チルドレンの声がひとつになり会場を感動に包み込んでいく。大内がマイクを取り「今日は、なんと日本テレビ「バズリズム」収録が入っています!」といきなりのサプライズ発表。ステージ袖から芸人、2700のツネと八十島弘行が登場して「僕と君のロックンロール」をペンライト片手にコラボレーション。成田が客席にダイブしてカオスを生み出して本編を締めくくった 。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。