ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新戦略『福岡100』~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年3月、開催された厚生労働省主催の「保健医療2035シンポジウム」において「保健医療2035推進シティ」に第一号として名乗りを上げ、2017年3月に「福岡市健康先進都市戦略」を策定した福岡市は、2017年7月14日より、保健医療分野における新戦略「福岡100」を実践いたします。同戦略における市長記者会見を、2017年7月14日(金)に福岡市役所・9階庁議室(福岡市中央区)にて開催。「福岡100」の背景と込められた想い、そして福岡市が健康先進都市として目差す街づくりについて、高島市長をはじめ、福岡100に関わる事業コアメンバーが集まり、宣言いたしました。

新戦略『福岡100』~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~
各自治体が医療福祉のリソース不足と向き合っているなか、 福岡市も例に漏れず、 2025年には、 65歳以上の一人暮らし世帯が1.4倍( 2015年比)、 要介護⾼齢者は1.7倍( 2014年比)にも及ぶ大きな壁が迫っています。
 そこで福岡市では、 100歳まで生きるのが特別でなくなる「人生100年時代」の到来を見据えて、 保健医療という分野から、 誰もが100歳まで健康で自分らしく生き続けられる持続可能な社会システムをつくる100のアクション「福岡100」を2025年までに実現いたします。
 「福岡100」では、 市民、 医療・介護に従事されている方々、 それに関連する大学や民間企業の方々が「オール福岡」として一丸となり、 6つのアクションを公開。 個人と社会、 どちらも幸せになれる健寿社会モデルを目指し、 「長寿を心から喜べる未来」を福岡市から築いてまいります。
福岡100公式サイト: http://100.city.fukuoka.lg.jp/
新戦略『福岡100』~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~
ただいま 6/100 のアクション公開中

care4FUKUOKA プロジェクト
ICTを活用-地域包括ケア-​​​​​​​
 我が国において急速な高齢化が進む中,介護が必要になっても住み慣れた地域で安心安全に暮らせるよう,住まい・医療・介護・予防・生活支援サービスを一体的に提供する“地域包括ケアシステム”の構築を進めていく必要があります。  しかし現状は,多様な主体が様々なサービスを断片的に提供している状況であり,在宅を基本とした生活を継続していくためには,医療・看護・介護関係者の連携による切れ目のないサービス提供が重要であるとともに,高齢者数の増加を踏まえた在宅医療・介護サービスの拡充が必要になります。 また,健康寿命の延伸に向け,疾病予防と健康増進、 介護予防を中心とした取組みについても効果的に進めていく必要があります。 福岡市ではこれらの課題を解決するため,ICTを活用した情報通信基盤「地域包括ケア情報プラットフォーム(以下,プラットフォーム)」の構築を中心とした“care4FUKUOKA(ケアフォーフクオカ)プロジェクト”を立ち上げ,地域包括ケアシステムの早期実現を目指しています。
新戦略『福岡100』~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~
市民参加型健康プラットフォーム​​​​​​​
福岡ヘルスラボ
市民・団体が「自然に」「楽しみながら」健康増進に取り組めるような、 新しい製品・サービスを生み出すプラットフォーム。 市民の健康維持・増進や介護予防に役立つサービスを企業に提案してもらい,市民や大学の参画を得ながら,どの程度市民の健康寿命の延伸につながったかを科学的に評価し,エビデンスとして蓄積できる仕組みを構築します。
新戦略『福岡100』~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~
誰もが出来る認知症ケア​​​​​​​
ユマニチュード®
コミュニケーション・ケア技法の1つであり,認知症による食事や着替えの拒否,突然怒り出すなどの行動・心理症状を落ち着かせる,介護する職員の疲弊や燃え尽きを軽減する等の報告がある「ユマニチュード」を,国立病院機構東京医療センターが家族介護者向けの簡易版教材に再構成し,希望する家族介護者の皆さんに試行的に導入,その効果を測定する実証実験を行っています。 福岡市は,認知機能の低下した高齢者を自宅で介護している方の負担軽減と認知症の人の生活の質の改善に向けた取組みの1つとして,この実証実験の実施に協力しています。
新戦略『福岡100』~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~

健康・医療・介護関連のスタートアップ企業支援​​​​​​​
ケアテック・ベンチャー
福岡市は「スタートアップシティ」として幅広くスタートアップ(創業)の支援を行ってきましたが,潜在的成長力が高く,市民生活へも寄与してくれる健康・医療・介護分野の梃子入れはまだ十分とは言えません。 健康・医療・介護など広い意味で人を「ケア」する分野は,安全性や効果に関するデータの分析など特有の課題を持っており,発展の余地を大きく残したまま足踏みしている状況が続いています。 「ケア」の領域でチャレンジするスタートアップ企業を重点的に支援し,福岡市が「ケア・テック」という概念の発信地,育成支援の拠点となることに名乗りを挙げます。 「ケア・テック」分野では,高齢者の異常を知らせるシステムや排尿を感知するセンサーなど,IoTやAI(人工知能)を含めた新たな動きが活発に出てきています。 そうしたスタートアップ企業が福岡市で活動しやすく,また,現場のさまざまなニーズを常に汲み取れる環境をつくっていきます。
新戦略『福岡100』~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~
ICTを活用した「かかりつけ医」機能強化​​​​​​​
オンライン診察​​​​​​​
平成29年4月に『ICTを活用した「かかりつけ医」機能強化事業推進ワーキンググループ(以下「かかりつけ医WG」)』は,市内11医療機関の参加を得て同事業の実証を開始しました。 診療時間の効率化や医療の質の向上を図るため,ICTを活用しオンラインで医師と患者をつなぐことにより,地域の医療介護に貢献する「かかりつけ医」機能の強化を目指し,実証していくものです。 本事業は、 オンラインで医師と患者をつなぐことにより市民の皆様が自宅等に居ながら、  「自身の健康を気遣い予防できること」 「不安があるときにかかりつけ医に相談できること」 「受診が困難な場合でもかかりつけ医と繋がり治療を継続できること」  の実現を通じ、 年齢を重ねても、 健康不安を抱えても、 安心して暮らすことができる地域 社会づくりに向けた次世代の地域医療インフラの確立を目指します。 将来的には、 今後、  急増する高齢者医療への需要にも対応していくことで、 より市民にとって、 安心して暮らし 続けられる地域社会の実現に取り組んでいきます。
新戦略『福岡100』~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~
いつかに備えた終活サポート
やすらかパック
「自分が死亡した後のことが心配」という方との生前の契約により、 死後事務(直葬*、 納骨、 家財処分、 役所の手続き等)を行う事業です。 福岡市社会福祉協議会と、 ①死後事務の委任契約を結び利用料を支払っていただくことで、 ②保険の仕組みを利用し、 ③福岡市社会福祉協議会高島市長コメント

新戦略『福岡100』~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~
高島市長コメント
新戦略『福岡100』~人生100年時代の健寿社会モデルをつくる100のアクション~

 「オール福岡」で福岡から日本を変える。
この「福岡100」が、 高齢化していく人類の大きな一歩になると期待しています。 直近90年間で平均寿命は40歳近く伸びており、 多くの方が100歳まで生きていける現代において、 平均寿命と健康寿命とのギャップを減らしていくことが今後一番の課題。 「福岡100」は、 そのギャップを埋めるべく、 民間の皆様と力を合わせて様々な支援・取り組みを行ってまいります。 人生100年時代の到来に向けて、 国に先駆け、 「日本一元気なまち」福岡から社会を変えていきます。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
みんなのPRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。