体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ヒステリックパニック】 “ヒスパニ、やべぇだろ!?”って 言われるような楽曲になっている

名古屋発“ラウド・ロック・モンスター・バンド”ことヒステリックパニックがミニアルバム『LIVE A LIVE』をドロップ! メロディーにもサウンドにもリリックにもヒスパニ流が詰まった濃厚すぎる7曲を収録した、エクストリームな強力盤だ!
L→R とも(Vo)、$EIGO(Gu&Cho)、Tack朗(Gu&Vo)、おかっち(Ba)、やっち(Dr) (okmusic UP's)
──新作『LIVE A LIVE』は“ライヴで盛り上がれる曲が詰まったアルバムを作ろう”と制作をスタートさせたそうですね?
Tack朗
「まずミニアルバムを出そうという話があって、最初は5曲収録予定だったんですよ。で、“5曲だったら突っ走って、頭からケツまで全力疾走でいったほうがいいよね”“それならライヴに似てるよね”ということで、1曲目から演奏してひとつのライヴが組み立てられるような、そのままフェスに出られちゃうような作品になったらいいという感じでしたね。」
──「全日本ぬるぬる音頭」ではコール&レスポンスを入れてますが、これは完全にライヴ用ですよね?
Tack朗
「作曲している段階ではこうなるとは思ってなかったんですが、ともからの提案で。」
とも
「うん。過去にはポイントで掛け合いみたいなところがある曲はあったんですけど、ここまでのものはなかったんで、今回は“ライヴ”というコンセプトだし、やってみてもいいんじゃないかということで、ベースのおかっち大先生に汚れ役を押し付けて(笑)。」
──そのコール&レスポンスの内容に関しては掘り下げて訊く気はまったくないですが…。
全員
「ははははは。」
──少なくとも進んでやりたがる内容ではない(苦笑)。
おかっち
「いや、そんなことはまったくないですよ!(笑)」
$EIGO
「すでにライヴで2回くらいやってまして。」
おかっち
「手応えはあっ…た?(笑)」
$EIGO
「あったよ(笑)。めっちゃ盛り上がってた。」
とも
「初見のわりにね(笑)。みんな、やってくれたね。」
$EIGO
「ライヴだと恥ずかしくない。冷静な状態じゃないから(笑)。」
──内容はともかく、「全日本ぬるぬる音頭」の享楽的なビートはまさにお祭り的で、ポップで楽しいものであることは間違いないと思います。で、そうしたライヴで楽しめるポップなものがある一方で、『LIVE A LIVE』にはヘヴィメタルな「ブルーバード」とかポップさを排除したようなナンバーもありますね。
$EIGO
「すげぇ簡単に言ってしまうと「ブルーバード」は海外のアーティストがやっているような感じ。インディーズの頃はそうした第一線のサウンドのテイストも取り入れていたんで、今回は7曲入りだし、“どうせならやってみたい”と思いまして。これ、7弦ギターを使ってるんですけど、“他のバンドにはこれはできないだろう”というサウンド的にも第一線に出しても全然舐められない…“ヒスパニ、やべぇだろ!?”って言われるような楽曲になっていると思うんです。」
──どちらかと言えば投げっぱなしですね。
おかっち
「突き放してますよね(笑)。」
──あと、サウンド面では「月曜日が始まんで~」も面白くて。V系的なイントロから始まってファンキーに展開して、サビはラテン風という現実感のない雰囲気が歌詞とも上手く噛み合ってて、なかなか興味深いナンバーです。
とも
「あれはあれで浮いてますよね(笑)。」
$EIGO
「あの曲は転調を超えた転調をしてるんです。スケールとかを一切度外視して、“これなら許されるだろう”という感じで接続部分を濁したり、うまく接続したり。そういう感じでやっているので、Aとサビが全然違って聴こえるところはあると思います。」
──いろいろな要素を入れて楽曲に躍動感を与えてますよね。
やっち
「まぁ、うちの場合、あらゆる要素を出さないといけない部分がありますから(笑)。「月曜日が始まんで~」に関しては$EIGOさんがドラムのフレーズも全部作ってきたので、それを自分流に修正しつつ…という感じで。」
──さらにキャッチーな「A:LIVE」や「ガチ恋ダークネス」もありますから、7曲入りミニアルバムとはいえ、いろいろなことをやっている作品に仕上がっていると思います。
Tack朗
「あぁ、結果的にそうなっちゃうんですよね(笑)。“シンプルにいこう”って意識していたんですけど…でも、シンプルっちゃあ、シンプルだよね?」
$EIGO
「自分もシンプルには弾いたつもりです。」
とも
「シンプルというか、凝らないことに凝ったというか。」
──あれこれやろうとしたのではなく、自然体でやったという?
Tack朗
「そうですね。これでもかなり引き算しましたね。」
とも
「去年、曲作りの時に“俺たちの思うシンプルは世間一般のシンプルじゃねぇんだよ!”って1度喧嘩したんで(笑)。」
Tack朗
「その辺で闘いながら(笑)。」
$EIGO
「だからと言って寄せすぎてもダサくなるので、微妙なところを…という感じでしたね。」
──分かりました。では、最後に歌詞について。歌詞は作品を聴けば明白で、“生きること”であり、もっと言えば“現実とはこういうことだ”という内容が貫かれてますよね。
とも
「意識しているわけじゃないんですけど、自分の歌詞は現実的になりがちというか。“こういう世界を想像で書きました”というフィクションはあんまりなくて、日々生きている中で思うことを書くタイプなんで。“生きていたくない”とか“死にたい”とかもともとヒスパニにあったものが、今回のテーマである “ライヴ”とリンクして、ツルッと出てきましたね。」
──“生きること”を書こうとすると人生賛歌になりがちだとも思うのですが、「swan song」は現実の厳しさも赤裸々に描いていて、これは素晴らしいと思います。
とも
「「swan song」はメンバーから“今までで一番残酷だ”と言われました(苦笑)。曲がいいと歌詞でそれを崩したくなるというのがヒスパニの性なんですけど、Tack朗が持ってきたメロが底抜けに明るかったんで、残酷にしたくなっちゃって。“生きるって素晴らしい”とか“未来は明るい”とか、そういう歌は嫌いなんで。それとは真逆なところを辛辣に書いたものって他にはないと思ったし、“現実はそんなもんじゃないっしょ?”ということを書いてみました。」
取材:帆苅智之
ミニアルバム『LIVE A LIVE』
2017年6月21日発売

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会