体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ホンモノ経営者が経験から学んだことはこんなにスゴイ!」

藤井正隆さんの著書『ぴょんぴょんウサギとのろのろカメの経営法則』書影

 バブルの崩壊以降、長く不況の時代が続き、さらに世界経済の情勢も見通しが立たなくなっている。そんな中で、日本の少子高齢化は“人口減”という問題を生み出し、企業は国内市場が縮小していくことを前提に戦略を立てなければいけなくなった。
 では、日本の中小企業はどのような経営を目指すべきなのか?

 30年近く数多くの企業や経営者と関わってきた藤井正隆さんは、著書『ぴょんぴょんウサギとのろのろカメの経営法則』(経済界/刊)の中で、時代を超えて普遍性が高い経営として、「カメ型の経営」を推奨する。カメ型の経営とは、持続がおぼつかない一時的で急激な成長戦略ではなく、ゆっくりと確実な成長戦略を描く経営を指す。

 では、その「カメ型の経営」の実際とは一体どのようなものなのだろうか? 今回は、著者の藤井正隆さんにインタビューを行い、お話しをうかがった。

■企業は“利益最優先”では成功できない

―この度出版された『ぴょんぴょんウサギとのろのろカメの経営法則』は、イソップ寓話の「ウサギとカメ」をモチーフにされていらっしゃいますよね。非常にユニークな構成になっていると思ったのですが、こうした寓話をモチーフにした理由から教えていただけますでしょうか。

「まず一つはシンプルだということですね。小さな頃に両親や近所のおじちゃんおばちゃんから教えてもらったこと、童話・寓話で書かれていることは、普遍性を端的に示しているものが多いと思うんですよ。
もう一つは親しみやすさ、想像しやすしさですね。経営書だとどうしても横文字や専門用語が中心になってしまい、分かりにくくなります。だから、『ウサギとカメ』が同じことを伝えているのであれば、そちらの方が理解しやすいですし、親しみが持てると思ったんですね」

―なるほど。経営を突き詰めて考えていくと、本質的な部分はシンプルで昔から変わっていないということになるのでしょうか。

「原理原則や法則に関しては、私は変わっていないと思いますね。時代とともに技術が発達して、インターネットができて……というようなことは変わりますが、例えばAさんとBさんの仲が悪いとか、集団の中でいざこざが起こるというようなことは大昔から繰り返し起きています。そういった人間関係の部分はとても普遍的で、経営の中においても極めて重要ですし、どんなに素晴らしいビジネスモデルを創りあげても、その点をしっかり抑えていないと結局ダメになってしまうと思います」

―本書では、カメのように一歩ずつ歩みを進めていく企業を「カメ型経営」として18社取り上げ、その経営の現場を伝えています。これらの企業は非常に身の丈にあった経営をしている印象を受けたのですが、藤井さんは、この18社に共通する部分はどのようなところだと思いますか?

「これは前著『感動する会社は、なぜ、すべてがうまく回っているのか?』でも書かせていただいたのですが、基本的にはお客様への価値提供を先に行っているということですね」

―つまり、利益を最優先するのではなく…。

「そうです。自社の売上や利益を、お客様へ価値を提供したことの結果として捉えています。多くの企業はその逆で、売上や利益が先行しています。高度経済成長期であればそれでも何とか企業を維持できました。しかし、今は低成長・マイナス成長の時代ですから、売上・利益先行では、必ず無理が生じます。そして、数値の成長が前提としてあるから、無理な押し込み販売などをして、社員がクタクタになってしまうんです。こうなると、みんなが不幸になってしまい何も生まないんですよ。
また、身の丈にといった印象を受けるかも知れませんが、決して、無理をしないということではありません。企業が成長する上で、ある時期多少無理をしてでも頑張るというのは大事です。ただ、お客様への価値が伴わない無理な成長は企業をおかしくする原因になりますし、誰かが犠牲になるでしょう。それは従業員かも知れないし、取引先、お客様かも知れません。多くの場合、歪みが生じてしまうので、5年は続いても、10年、20年スパンで見たときには続かないでしょうね。30年間、様々な企業の盛衰を見てきましたが、その経験からそういえると思います」

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。