ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スリップノット初のドキュメント・フィルム、世界同時一夜限りのジャパン・プレミア上映決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スリップノット初のドキュメント・フィルム、世界同時一夜限りのジャパン・プレミア上映決定

1995年9月にアメリカ合衆国アイオワ州デモインで結成された世界的人気を誇る9人組ヘヴィロックバンド、スリップノット。バンド初のドキュメント・フィルム「DAY OF THE GUSANO/デイ・オブ・ザ・グサノ」が完成し、そのティザー映像が全世界で一斉公開された。

この作品は9月6日に、全世界1,000スクリーンを超える映画館で一夜限りの上映イベントが行われ、日本でも東京で同時上映されることが発表となった。7月14日正午より、チケット先行発売が開始される。座席数限定の為、プレミア・シートになるのは必至だ。

バンドが結成されてから20年以上経過しているが、2015年にKNOTFESTでメキシコシティを訪れたのが初めてでバンドの夢のひとつが実現した。そのメキシコシティでのライヴを記録したドキュメンタリー映画である。監督はバンドのコンセプトを握る中心メンバーのショーン“クラウン”クラハン(#6)。猟奇的ライヴ・パフォーマンスや炎等巨大スタジアムでしか体感できないパイロの演出に加えて、バンド・メンバーの独占インタビューは勿論ですが、タイトルにも込められてる様にメキシコのマゴット(Maggot:スリップノットのファンの総称)の熱狂ぶりも収録。ライヴ会場にいるような劇場サラウンドを楽しめる。

あらゆる音楽スタイルを融合させたヘヴィミュージックを得意とし、2000年代から世界各地で人気拡大し、この25年間で影響力があるミュージシャンの一つとしてあげられている。各メンバーが、それぞれ異なったユニークなマスクを被ってパフォーマンスをすることで有名で、グラミー賞には何度もノミネートされ、2006年に行われた第48回グラミー賞では、シングル「Before I Forget」が「Best Metal Performance」賞を受賞。14年発売の最新アルバム「.5: The Grey Chapter」はアメリカで1位、イギリスで2位、日本で1位、オーストラリアで1位、ロシアで1位、ドイツで2位など19ヶ国のトップ5チャートにランクインした。1999年のデビュー以来5枚のアルバムをリリース、日本には2000年以来9度の来日公演を成功させている。

2012年8月、自ら主催の「KNOTFEST」を開催。ここ日本でも2014年、2016年とSLIPKNOT主催フェス「KNOTFEST JAPAN」が2回開催され、SLIPKNOTは勿論のこと、国内勢はSiM、MAN WITH A MISSION、Crossfaithなど国内のラウド・シーンを牽引している強豪バンドが軒を連ねた。

SLIPKNOTドキュメント・フィルム「Day Of The Gusano」ティザー
http://dayofthegusano.com/

ショーン・クラハン(Shawn “Clown” Crahan #6)監督コメント
SLIPKNOTには叶わぬ夢があった。そのひとつが、メキシコ公演をやることだった。俺たちはいろいろ経験してきたが、まだ夢があるって素晴らしいことだ。

ジェイムズ・ルート(James “Jim” Root #4)コメント
KNOTFEST Mexicoは、本当に素晴らしかった。友だちと他のバンドは勿論だけど、マゴット(ファンの総称)と一緒にいたのは楽しかった。それを世界みんなと共有できるんだ。

イベント情報
スリップノット『デイ・オブ・ザ・グサノ』ジャパン・プレミア上映
原題:DAY OF THE GUSANO
日時:2017年9月6日(水)19:00開映
劇場: 新宿バルト9
チケット:2,800円(税込)
2017年/アメリカ/DCP/16:9/5.1ch/90分/日本語字幕
ワードレコーズ日本上映公式サイト:https://wardrecords.com/special/Slipknot.php
映画公式サイト:http://dayofthegusano.com/
主催・企画:ワードレコーズ
配給:ソニー・ミュージックダイレクト
©2017 KNOT PRODUCTIONS, LLC

関連リンク

KNOTFEST JAPAN 公式サイトhttp://knotfestjapan.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。