ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ランキング】アメリカ人10万人に聞いた、 外食グルメトレンド2017

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アメリカ人10万人に聞いた、 2017年トレンドのアメリカ外食産業ランキング
米NY州にある世論調査会社ハリスポールは、 2016年12月30日から2017年2月21日までの間15歳以上のアメリカの消費者102,617名にオンラインアンケートで 一番人気の外食産業の調査を行いました。4000以上のブランドから選ばれた外食産業は、いったいどこでしょう。あなたの好きなお店は入っているでしょうか。

ハンバーガー部門

第1位 Five Guys(ファイブガイズ)
アメリカ人10万人に聞いた、 2017年トレンドのアメリカ外食産業ランキング
日本未出店のFive Guys(ファイブガイズ)が第1位でした。ハンバーガーはオーダーしてから作り始めるので、待っている間を保たせるためかピーナッツが食べ放題。レギュラーのバーガー($7.19)だとパテは2枚のダブル、リトル($5.69)だとパテが1枚。フレンチフライはピーナッツオイルで揚げているのが特徴。

ボリュームはありますが、値段はお高め。ハンバーガー、ポテト、ドリンクで税金を含めると、15ドル以上になります。2009年5月に、オバマ前大統領本人が自らワシントンの同店を訪れたことが話題に。

ニューヨークでは一時は満席でしたが、今はブームが去った感も。

以下、第2位 In-N-Out Burger(インアンドアウト・バーガー)、第3位 Shake Shack(シェイクシャック、 第4位 Wendy’s(ウェンディーズ)など。マクドナルドは第7位でした。ニューヨークでは第3位のShake Shack(シェイクシャック)が根強い人気で、店舗数を増やし続けています。個人的には、1ドルで飲めるフロスティ(アイスクリームシェイクのようなもの)やベーコンとチーズが乗ったフレンチフライなど安くて美味しい、Wendy’s(ウェンディーズ)が好きです。

Burger Restaurant Brand of the Year

1.Five Guys Burgers and Fries
2.In-N-Out Burger
3.Shake Shack
4.Wendy’s
5.Culver’s
6.Whataburger
7.McDonald’s
8.SONIC America’s Drive-In
9.Smashburger
10.Steak ‘n Shake

コーヒー チェーン店部門

第1位 Starbucks Coffee Shops(スターバックス)
アメリカ人10万人に聞いた、 2017年トレンドのアメリカ外食産業ランキング
第1位は、日本でも大人気のスタバことStarbucks Coffee Shops。接客やサービスがまあまあ、店内が綺麗、フリーWiFi、オシャレな気がするなど、とにかく今はスタバブームということで首位を獲得しました。 ニューヨークは、どこもかしこもスタバがあり、いずれも盛況です。

日本からは撤退していますが、アメリカでは根強い人気のダンキンドーナッツが、前年まで3年連続首位でした。アメリカ人はドーナッツが大好物で、値段が安く入りやすいダンキンが大好きでした。しかしながら、フランチャイズ展開がインド系資本になってきて、接客や態度は良いとは思えないサービスに。微妙に客足にも影響し、第2位に落ちた気もします。ドーナッツの中身のクリームやジャムも劇的に量が少なくなりました(涙)。

Coffee & Quick Service Restaurant Brand of the Year

1.Starbucks Coffee Shops
2.Dunkin’ Donuts Stores
3.Krispy Kreme
4.Einstein Bros Bagels

次は、ファミレス、サンドイッチ、ピザのランキングをご紹介。

カジュアルダイニング(ファミレス)部門

第1位 The Cheesecake Factory(チーズケーキファクトリー)
アメリカ人10万人に聞いた、 2017年トレンドのアメリカ外食産業ランキング
カジュアルダイニングとは、日本で言えばファミリーレストラン。第1位は、The Cheesecake Factory(チーズケーキファクトリー)。名前の通り、チーズケーキの種類が豊富ですが、ケーキ以外のメニューも多いです。正直言えば、何を食べてもたいして美味しくはないですが(ごめんなさい)、なぜか人気。店舗は郊外に多く見かけます。ウリのチーズケーキは甘く、デカすぎて食べきれません。食べ残しを持ち帰り可能ですが、冷蔵庫に放置状態になる可能性高し。

以下、第2位 Texas Roadhouse、第3位 イタリアンのOlive Garden Italian Restaurants(オリーブガーデン)、第4位 Outback Steakhouse(アウトバックステーキハウス)など。なんと、ニューヨークには多いApplebee’s(アップルビーズ)、Denny’s(デニーズ)、TGI Fridays(TGIフライデーズ)は10位以下という意外な結果に。

Casual Dining Restaurant Brand of the Year

1.The Cheesecake Factory
2.Texas Roadhouse
3.Olive Garden Italian Restaurants
4.Outback Steakhouse
5.LongHorn Steakhouse
6.California Pizza Kitchen
7.IHOP (International House of Pancakes)
8.Carrabba’s Italian Grill
9.Maggiano’s Little Italy Restaurant
10.Chili’s Grill & Bar

サンドイッチ部門

第1位 Subway(サブウェイ)
アメリカ人10万人に聞いた、 2017年トレンドのアメリカ外食産業ランキング
第1位は、ニューヨークにはどこにでもあるSubway(サブウェイ)。ニューヨークでは最近インド系の経営が増えているフランチャイズ店で、10歩ごとにありそうな勢いで増え続けています。ハンバーガーやホットドッグと違ったヘルシー志向、お値段も手頃で人気。野菜たっぷりでボリュームのあるフットロングや、半分のサイズでドリンクとチップスのセットなど楽しみでした。
しかしながら、2014年4月にパンの成分にヨガマットに使用する化学物質を使用していたことが発覚してから、消費者の信頼を裏切り人気に陰りが。

Sandwich Shop Brand of the Year

1.Subway
2.Panera Bread
3.Potbelly Sandwich Shop
4.Corner Bakery Cafe

ピザ部門

第1位 Papa John’s Pizza(パパジョーンズ・ピザ)
アメリカ人10万人に聞いた、 2017年トレンドのアメリカ外食産業ランキング
ピザの第1位は、日本未出店のPapa John’s Pizza(パパジョーンズ・ピザ)という結果に。知名度の高いPizza Hut(ピザハット)やDomino’s Pizza(ドミノピザ)を押しのけての首位です。アメリカ人はピザが大好きで、買って帰ることも多ければ、デリバリーも好き。筆者はデリバリー系のピザはあまり興味がなく食べたことがありませんが、味の評価は良いようです。
2012年にはアジア系顧客に対して、人種差別的な呼称(lady chinky eyes)で接客をした店員が問題になったことも。

Pizza Chain Brand of the Year

1.Papa John’s Pizza
2.Blaze Pizza
3.Pizza Hut
4.Marco’s Pizza

アイスクリーム部門のBen & Jerry’s Ice Cream Shop(ベン&ジェリー)は、個人的にも大好きで納得。チキンレストラン、メキシカンレストラン部門があるのは、メキシコ、南米系がアメリカに増え続けているからかもしれません。

結果を見ると、大体「アメリカでは妥当」なような、そして「アメリカ人は味音痴」ではないかと思うのと(苦笑)両方です。日本がすべて素晴らしいとは思いませんが、外食産業のサービスと価格を考えると、アメリカより優っている気は致します。アメリカは文化・宗教・人種が異なる移民の国で、宗教によって食の制限(ユダヤ系、モスリム系など)があり、単一民族の日本より外食産業は複雑であるともいえます。

[2017 Harris Poll EquiTrend(R) Rankings]

[All photos by Hideyuki Tatebayashi]
 
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。
Do not use images without permission.

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。