ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

水上のマジックカーペット!? 電動で水面を動くボード「Lift eFoil」は浮遊感を楽しめる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

見た目はサーフボード。でも、波や風がなくてもスイスイと水面近くを動く。なんとも不思議な水上電動ボードが登場した。

プエルトリコ拠点のスタートアップが開発中の「Lift eFoil」。ボードの下にモーターとスクリューを備え、手にもつコントローラーでスピードを操作できるというもの。これまでにない、新しいウォータースポーツとなるかもしれない。

・トップスピードは25mph

外観や使い方は、サーフボードや、モータボートなどに引っ張ってもらうウェイクボードに似ている。しかし、専用のコントローラーを使って波や風がなくても推進できるという大きな違いがある。

発想としては水上バイクに近い。Lift eFoilの下にはモーターと小型スクリューが付いていて、これが回転することで推進する。モーターが目につかないだけにマジックカーペットのように動き、トップスピードは25mphだ。

・進行方向は重心移動で

コントローラーとボードはBluetoothで連携するようになっていて、ユーザーは手に持つコントローラーで好きなスピードに設定できる。

そしてサーフィンのように重心移動しながら進行方向をコントロールする。完全に機械任せではないところにこのボードに乗る楽しさがある。

・9月から発送

Lift eFoilは充電式のバッテリーを搭載し、ユーザーの体重にもよるが15mphのスピードで約1時間乗ることができる。

現在プレオーダーをサイトで受け付けていて、価格は1万2000ドル(約136万円)。9月から発送が始まる見込みだ。海外からの注文にも対応し、問い合わせがあればまず送料を見積もるとのこと。新たなウォータースポーツに興味のある人はまずはサイトをチェック!

Lift eFoil

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。