体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【どんなクルマと、どんな時間を。】トヨタ ハリアー(現行型) × 日々トレーニングに励む消防士

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは『どんなクルマと、どんな時間を。』?

▲この車を手に入れてから、行動範囲が広がったという足立さん。時間があれば楽しみながらトレーニング!

▲この車を手に入れてから、行動範囲が広がったという足立さん。時間があれば楽しみながらトレーニング!

24時間体制で世の中の危機を守る男

「始業時刻が朝8時半」というのは、巷ではよくある話なのだろう。しかし足立 透さんの場合は“終業時刻”も朝8時半。つまり丸々24時間の勤務ということだ。

勤務中は、幸いにして何事もなければ、任務を安全に遂行するための各種トレーニングに励む。そして不幸にも“事”が起きれば、即座に車両に乗り込み、本当に文字どおりの「たとえ火の中水の中」の勢いで、現場へと急行する。

そう、足立さんは消防士だ。

長崎県の小さな島で暮らしていた少年時代、近所に住む友人の家で火災が発生した。焼け出され、呆然とする友人。なかなか到着しない消防車。ただ見ていることしかできない自分に対するいらだち。それらすべての感情と経験の帰結として、高校を卒業すると同時に、消防庁に消防士として就職した。

消防士になって7年。体力、気力、経験ともに脂が乗っている時期と言えるはずの足立さんだが、今なお現場に行くのは「怖い」という。自身の生命維持に対する恐怖。今回も使命を無事果たせるだろうかという不安。そういった心に打ち勝つため、前述のとおり、出動がない時間帯はひたすらハードな訓練に没頭する。

そしてオフの日は、1人で車に乗る

24時間の勤務が終わると、約2日間の非番となる。非番の日は、今年3月に手に入れたトヨタ ハリアーに乗って“自分だけの時間”を過ごすことが、非日常的な仕事で張り詰めた心と身体を弛緩させるための、最高の手段になるのだという。

そしてハリアーで向かう先は、サッカー場またはフットサルコート。小学校3年生のときに始めたサッカーを、25歳になった今でも続けている。

高校生の途中まではゴールキーパーだったが、「キーパーなのに実は部で一番足が速い」という特異点を見いだされ、サイドハーフに転向。現在も、東京都社会人サッカー連盟3部リーグに所属するクラブチームで、サイドハーフまたはサイドバックを務めている。

▲この日は、所属する社会人チームの仲間とトレーニング

▲この日は、所属する社会人チームの仲間とトレーニング

▲幼い頃から続けてきたサッカーだけに、気持ちの良い場所でボールを蹴っているだけで子供心に戻り、楽しくなる

▲幼い頃から続けてきたサッカーだけに、気持ちの良い場所でボールを蹴っているだけで子供心に戻り、楽しくなる

ただ、足立さんにとってサッカーは趣味であると同時に“トレーニング”でもある。

前述の恐怖心に打ち勝つため、非番の日もただ休むだけでなく、最低でも週に一度はボールを蹴り、鍛えたいと考えている。そのためのサッカーあるいはフットサルでもあるのだ。

▲試合に向け、1人でもトレーニングは欠かさない。それが結果的に、消防士としての身体づくりにもつながっている

▲試合に向け、1人でもトレーニングは欠かさない。それが結果的に、消防士としての身体づくりにもつながっている

ハリアーを手に入れる前は、河川敷などのやや不便な場所にある場合が多いサッカーグラウンドまでたどり着くのに、正直難儀した。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会