体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

門脇麦の食に対するあくなき欲求。実は「食べるために生きている」女優だった【女優メシ】

f:id:hotpepper-gourmet:20170713102328j:plain

どことなくつかみどころがなく、独特な雰囲気をまとった女優、門脇麦さん。映画『世界は今日から君のもの』では、引きこもりで引っ込み思案な女性、小沼真実を演じています。しかし、そのイメージは本人曰く、まったく別なのだとか。ちなみに門脇さん「食べるために生きている」と断言するほど、食へのあくなき欲求を持っているそう。映画のことから、ご自身のこと、そして食へのこだわりまで聞いてみました。

引きこもりだって幸せだったらそれでいい

f:id:hotpepper-gourmet:20170713102632j:plain

――門脇さん演じる真実は引きこもりで友達もほとんどおらず、アルバイト生活を転々としている女性ですね。

門脇 真実の特徴は「引きこもり=暗い」ではなくて、そもそも本人が外に出ていきたい欲求がないのではないかと思いました。家で自分が好きなことをしているだけで幸せなタイプ。自分の好きなものが明確にあるから、それをしながら日々を淡々と送っている。“淡々”と言うと「味気ない、つまらない」と思いがちですが、毎日を淡々と過ごせるのは、すごく幸せなことだと思うので。

――そうなんですよね。「引きこもりでかわいそう」と思うのは周りの考え方であって、本人がそれで幸せならいいですよね。ただ、門脇さんは真実とは真逆の性格だとか。

門脇 正反対ですね。家にこもるよりも外でアクティブに動きたいタイプです。

小学生までヒーローに変身して世界を守ると本気で思っていた

f:id:hotpepper-gourmet:20170713102845j:plain

――でも、尾崎監督は「風変りな女の子」を演じられる女優として、門脇さんをピンポイントで選んだそうですね。実際に自分で「風変りかも……」と思う部分はありますか?

門脇 私はまったく風変りじゃないですよ……と思っている人が一番、危ないんですよね(笑)。でも、子どもの頃からアクティブで学校の休み時間はドロケーばっかりしていました。ドロケーのために学校に行っているといっても過言じゃないぐらい。

そして、戦隊ヒーローものが大好きで小学生になっても、自分は戦隊ヒーローに変身できると思っていました。自ら名付けた変身ゴムを腕に巻いていて……、まぁ、ヘアゴムなんですけど、いつか悪者が来たときにはこのゴムで変身して、私が戦う! と考えていたんです。その“いつか”のためにひとりで側転とか練習していたし。……って、こんなこと言ったの初めてです(笑)。友達にも両親にも言ったことがないですから。

自分が動きたいまま流れていたら、女優という仕事に流れ着いた

f:id:hotpepper-gourmet:20170713103157j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。