ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

前菜からデザートまでトリュフづくし♡高級食材をカジュアルに楽しめるトリュフ専門店に行ってきた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
世界三大珍味のひとつ、トリュフの専門店「Artisan de la Truffe Paris(アルティザン デュ ラ トリュフ パリ)」が、7月14日(金)、六本木の東京ミッドタウンにオープンしました!

高級食材をカジュアルに楽しめるフランス発の同店に、さっそく行ってきたのでご紹介します♩

フランス発トリュフ専門店が日本初上陸

東京ミッドタウン1階のガーデンテラスにオープンした「アルティザン デュ ラ トリュフ パリ」。

観光名所のひとつでもある「ベー・アッシュ・ヴェー(BHV)」にあるパリ本店同様、高品質なトリュフをお手頃な価格でカジュアルに楽しめるところが魅力です。

今回は、プレス向けの試食会ということで一足お先に同店のおすすめメニューをいただくことに♡

ほぼ全メニューにトリュフを使用

まずは、「トリュフを使ったスクランブルエッグ クラシックスタイル」からスタート。(※写真は試食会用で通常のサーブスタイルとは異なります)

トロットロのスクランブルエッグの上にスライスしたトリュフがいっぱいのっています♡

スクランブルエッグからもトリュフの香りがふんわりしてきて早速トリュフを堪能。シャキシャキしたトリュフの歯ごたえもたまりません!

次に出てきたのは「たっぷりとトリュフを削ったタルティーヌ“クロ カン セル”」と「低温でじっくり火入れしたチキンにフレッシュトリュフを合わせたサラダシーザー」、「サーモンマリネ フレッシュトリュフとシトラスの香り」。

トリュフがこれでもか!というほどたくさんのせられた“クロ カン セル”は、トリュフそのものの味わいを存分に楽しむことができちゃいます♩

そしてメインは、「フランス産フレッシュトリュフをふんだんに使ったリゾット」と「ソールマッシュルームとトリュフのファルス」。

特にオススメだったのがこのリゾット♡

クリーミーな舌触りと香り高いトリュフのコンビネーションは、一度食べたらやみつきになること間違いなし…!

このままでも十分トリュフを堪能できますが、さらにトリュフオイルを加えれば、より豊かな味わいを楽しむことができますよ♩

デザートにもトリュフ!

最後に出てきたのは、「パティシエ厳選 プチデザートの盛り合わせ」(※日によって内容は異なる可能性あり)。

なんと同店では、デザートにもトリュフを使用しているんです!

それがこちらの「ヘーゼルナッツとトリュフハチミツの北海道フロマージュブラン」。

なんとトリュフ入りのはちみつが使用されていて、ほんのりトリュフが香るんです!

デザートにもトリュフをつかっちゃうなんて、さすが専門店ですよね♩

トリュフオイルやトリュフ塩をお土産に

お店の入り口では、同店で使用しているトリュフ入りのオリーブオイルやトリュフ塩などが販売されているので、お土産に買って帰るのもいいかもです。

しかも、本国とマスターライセンス契約を結んでいるため、これらの商品が現地価格と変わらず購入できるのも嬉しいところ!

フランスでは空港などでも販売されていて、人気のお土産らしいですよ♩

アミューズからデザートまでトリュフづくしでも、まったく飽きのこない味わいに大満足できる「アルティザン デュ ラ トリュフ パリ」。

一品ごとのお値段も2000円前後とお手ごろなので、デートや、トリュフ好きのお友達との女子会にも使えそうです♡

Artisan de la Truffe Paris(アルティザン デュ ラ トリュフ パリ)
住所:東京都港区赤坂9丁目7-4 D-0118
電話番号:03-5413-3830
営業時間:平日 11:00~15:30 (L.O. 14:30) 17:30~23:00(L.O. 22:00)
土日祝 11:00~23:00 (L.O. 22:00)
ウェブサイト:http://artisandelatruffeparis.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。