体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

前菜からデザートまでトリュフづくし♡高級食材をカジュアルに楽しめるトリュフ専門店に行ってきた

世界三大珍味のひとつ、トリュフの専門店「Artisan de la Truffe Paris(アルティザン デュ ラ トリュフ パリ)」が、7月14日(金)、六本木の東京ミッドタウンにオープンしました!

高級食材をカジュアルに楽しめるフランス発の同店に、さっそく行ってきたのでご紹介します♩

フランス発トリュフ専門店が日本初上陸

東京ミッドタウン1階のガーデンテラスにオープンした「アルティザン デュ ラ トリュフ パリ」。

観光名所のひとつでもある「ベー・アッシュ・ヴェー(BHV)」にあるパリ本店同様、高品質なトリュフをお手頃な価格でカジュアルに楽しめるところが魅力です。

今回は、プレス向けの試食会ということで一足お先に同店のおすすめメニューをいただくことに♡

ほぼ全メニューにトリュフを使用

まずは、「トリュフを使ったスクランブルエッグ クラシックスタイル」からスタート。(※写真は試食会用で通常のサーブスタイルとは異なります)

トロットロのスクランブルエッグの上にスライスしたトリュフがいっぱいのっています♡

スクランブルエッグからもトリュフの香りがふんわりしてきて早速トリュフを堪能。シャキシャキしたトリュフの歯ごたえもたまりません!

次に出てきたのは「たっぷりとトリュフを削ったタルティーヌ“クロ カン セル”」と「低温でじっくり火入れしたチキンにフレッシュトリュフを合わせたサラダシーザー」、「サーモンマリネ フレッシュトリュフとシトラスの香り」。

トリュフがこれでもか!というほどたくさんのせられた“クロ カン セル”は、トリュフそのものの味わいを存分に楽しむことができちゃいます♩

そしてメインは、「フランス産フレッシュトリュフをふんだんに使ったリゾット」と「ソールマッシュルームとトリュフのファルス」。

特にオススメだったのがこのリゾット♡

クリーミーな舌触りと香り高いトリュフのコンビネーションは、一度食べたらやみつきになること間違いなし…!

1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。