ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

夏休み直前!今すぐチェックすべき「自由研究」関連情報

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

子どもはもうすぐ夏休みに突入。一緒に過ごせる時間が増えてうれしい反面、親のアタマを悩ませるのが自由研究。そこで、自由研究関連のワークショップなどを開催している企業や団体の情報をまとめてみた。自由研究のテーマ選びの参考にして欲しい。夏休み後半には終了したり締め切っている企画も多いので、夏休み直前の今こそしっかりチェックして計画を立てておこう。


1.パナソニック
パナソニックは今年も、「さぁ、夏休み!親子でつくろうLEDのあかり」と題した親子LED工作教室を、全国各地の「パナソニック リビング ショウルーム」にて開催。7月22日(土)の東京からスタートし、全国22カ所で実施。LEDを光源としたあんどんを製作する。点灯させるLEDの色や、あんどん側面に飾り付ける色和紙などを選んで、自分だけの「オリジナルあんどん」が作れるのだが、自由研究としては、工作するだけではなく、LEDの特長や仕組みなども学べる点ががポイント高し。


2.学研プラス
全国24カ所の「イオンモール」で、“夏休みの自由研究”をテーマにした「自由研究おたすけワークショップ」を開催。親にとっては、身近なスポットで行われるため足を運びやすいのがポイントの1つ。また、テーマ探しから実験まで1日でできてしまうのもウレシイ限り。内容は、空気実験に関する「科学実験ショー」や自由研究キット工作など。詳細は、各モールのHPで確認を。


3.横浜市芸術文化振興財団
横浜近郊在住ならぜひオススメなのが、夏休み期間中に横浜美術館・横浜みなとみらいホール・大佛次郎記念館の各施設で行われる子ども向け特別イベント。横浜美術館・子どものアトリエでは「夏休み造形講座」、横浜みなとみらいホールでは「親子で行く!ホールわくわく探検隊」、大佛次郎記念館では「こどもアドベンチャー2017」をそれぞれ開催予定。特に「子どものアトリエ」は、年長児・小学校低学年・高学年と学齢別の開催で、その子の学齢に合わせた造形体験の場を提供してくれるので、アートに興味をもつきっかけ作りにも最適。全て事前申込制、申込期限のせまっているものもあるので、子どもを参加させたい!と思ったらすぐに各施設に確認してみて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。